Jパワー、ドローンで送電線など自律点検/作業時間を半減 | 電気新聞ウェブサイト | 電気新聞ウェブサイト

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

Jパワー、ドローンで送電線など自律点検/作業時間を半減 | 電気新聞ウェブサイト

Jパワー、ドローンで送電線など自律点検/作業時間を半減 | 電気新聞ウェブサイト

電気新聞ウェブサイト
2021/01/13
ブックマーク
電気新聞ウェブサイト
2021/01/13
ブックマーク

 Jパワー(電源開発)は12日、ドローンを活用し、送電線や架空地線を自律撮影する技術を岡山理科大学と共同で確立し、特許を取得したと発表した。GPS(衛星利用測位システム)に頼らず、センサーや画像処理技術を活用して撮影対象と一定距離を保つため、飛行環境の変化に柔軟に対応する。これまで400メートル程度の送電線の点検には4時間程度かかっていたが、今回確立した技術を活用すると半減できる。電源開発送変電ネ


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

エネルギー記事一覧

原稿募集
エナシフTVとは
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別