韓国SK、石油から水素へ 米燃料電池出資でノウハウ取得: 日本経済新聞 | 日本経済新聞

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

韓国SK、石油から水素へ 米燃料電池出資でノウハウ取得: 日本経済新聞

韓国SK、石油から水素へ 米燃料電池出資でノウハウ取得: 日本経済新聞

日本経済新聞
2021/01/14
ブックマーク
日本経済新聞
2021/01/14
ブックマーク

【ソウル=細川幸太郎】韓国SKグループが水素エネルギー事業を急ピッチで拡大している。3月までに米燃料電池メーカーのプラグパワーの株式9.9%を1兆6000億ウォン(約1500億円)で取得し筆頭株主となる。グループ横断で水素の供給網を確立し、海外展開も視野に入れる。油田開発から石油精製、給油所運営を手掛ける「石油のSK」が水素インフラの担い手へと事業変革に動き出した。プラグパワーは1997年設立


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

エネルギー記事一覧

原稿募集
エナシフTVとは
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別