電源投資、長期予見性など向上で安定的確保へ/エネ庁、具体的検討に着手 | 電気新聞ウェブサイト | 電気新聞ウェブサイト

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

電源投資、長期予見性など向上で安定的確保へ/エネ庁、具体的検討に着手 | 電気新聞ウェブサイト

電源投資、長期予見性など向上で安定的確保へ/エネ庁、具体的検討に着手 | 電気新聞ウェブサイト

電気新聞ウェブサイト
2020/10/16
ブックマーク
電気新聞ウェブサイト
2020/10/16
ブックマーク

 経済産業省・資源エネルギー庁は、電源全体の投資を安定的に確保するため、事業者に長期的な予見可能性を与える制度措置の具体的検討に着手する。「長期電源市場(仮称)」の創設などが浮上しており、まずは容量市場などの既存市場が今後、発電事業者の収入にどう影響を与えるか整理する方針。脱炭素化と安定供給の両立が求められる中、日本にふさわしい制度の在り方を検討する。


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

電力・化石燃料記事一覧

原稿募集
Navi

記事ランキング