みずほ銀行、カタール最大の太陽光発電案件へプロジェクトファイナンス組成 | 環境ビジネスオンライン

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

みずほ銀行、カタール最大の太陽光発電案件へプロジェクトファイナンス組成

みずほ銀行、カタール最大の太陽光発電案件へプロジェクトファイナンス組成

環境ビジネスオンライン
2020/07/31
ブックマーク
環境ビジネスオンライン
2020/07/31
ブックマーク

みずほ銀行(東京都千代田区)は7月27日、カタール国最大・800MWpの太陽光発電事業の建設・保守・運転を行う「アル・カルサ太陽光発電プロジェクト」に、リードアレンジャーとしてプロジェクトファイナンスを組成し、同行と国際協力銀行で協調融資を行うと発表した。融資総額は約3億3000万米ドル。7月10日契約を締結した。


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

再エネ記事一覧

EnergyShift_NAVI

記事ランキング