家電分離技術を用い宅内の行動を推定。電力データから生まれる新たな価値 | 電気新聞ウェブサイト | 電気新聞ウェブサイト

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

家電分離技術を用い宅内の行動を推定。電力データから生まれる新たな価値 | 電気新聞ウェブサイト

家電分離技術を用い宅内の行動を推定。電力データから生まれる新たな価値 | 電気新聞ウェブサイト

電気新聞ウェブサイト
2020/11/20
ブックマーク
電気新聞ウェブサイト
2020/11/20
ブックマーク

 IoTデータ活用の流れが加速する中、東京電力グループのエナジーゲートウェイでは、家庭の電力データを中心に多彩なサービスを創出・提供している。家庭内の家電ごとの電力使用量データを用いたサービス、さらに電気の利用状況をもとにした行動推定による見守りや介護事業分野へと発展させることができるのが特徴だ。本稿では、エナジーゲートウェイが取り組む「IoTプラットフォーム事業」について2回にわたり紹介する。


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

電力・化石燃料記事一覧

注目のキーワードを見る

原稿募集
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別