2020年から市販化する超小型モビリティ、免許制度や軽との差別化が課題に | MONOist

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

2020年から市販化する超小型モビリティ、免許制度や軽との差別化が課題に

2020年から市販化する超小型モビリティ、免許制度や軽との差別化が課題に

MONOist
2020/03/19
ブックマーク
MONOist
2020/03/19
ブックマーク

矢野経済研究所は2020年3月12日、超小型モビリティや電動ミニカーなど「次世代モビリティ」の市場調査を発表した。超小型モビリティの規格が創設される2020年から普及が進み、2025年に日本国内の販売台数が8300台に拡大すると見込む。2030年には1万1200台に市場規模が拡大するとしている。


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

eモビリティ記事一覧

EnergyShift_NAVI

記事ランキング