パナソニック、テスラ向け電池のエネルギー密度20%向上へ | JP

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

パナソニック、テスラ向け電池のエネルギー密度20%向上へ

パナソニック、テスラ向け電池のエネルギー密度20%向上へ

JP
2020/07/31
ブックマーク
JP
2020/07/31
ブックマーク

パナソニック<6752.T>が、米電気自動車(EV)メーカーのテスラ向けリチウムイオン電池の中核部材である「セル」のエネルギー密度を5年以内に約20%向上させる方針であることがわかった。同社の米国での車載電池事業幹部が明らかにした。セルが高容量化すれば1回の充電でより長距離の走行が可能となるため、EVの利便性が高まりそうだ。


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

ストレージ記事一覧

EnergyShift_NAVI

記事ランキング