東芝が「世界初」の水系リチウムイオン電池を開発、低温対応と長寿命を実現 | MONOist

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

東芝が「世界初」の水系リチウムイオン電池を開発、低温対応と長寿命を実現

東芝が「世界初」の水系リチウムイオン電池を開発、低温対応と長寿命を実現

MONOist
2020/11/19
ブックマーク
MONOist
2020/11/19
ブックマーク

東芝がリチウムイオン二次電池の電解液を水に置き換えた水系リチウムイオン電池を開発。水系リチウムイオン電池は既に研究開発事例があるものの、-30℃の環境下での安定した低温充放電性能と、2000回以上の充放電が可能な長寿命性能を備えるものは「世界初」(東芝)だという。


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

ストレージ記事一覧

注目のキーワードを見る

原稿募集
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別