放射性廃棄物でつくる人工ダイヤモンドが、“数千年もつ電池”になる:革新的な技術への高まる期待と現実 | WIRED.jp | wired.jp

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

放射性廃棄物でつくる人工ダイヤモンドが、“数千年もつ電池”になる:革新的な技術への高まる期待と現実 | WIRED.jp

放射性廃棄物でつくる人工ダイヤモンドが、“数千年もつ電池”になる:革新的な技術への高まる期待と現実 | WIRED.jp

wired.jp
2020/09/14
ブックマーク
wired.jp
2020/09/14
ブックマーク

放射性廃棄物からつくり出した人口のダイヤモンドを使った電池の開発が進んでいる。完成すれば数千年にわたって電力を供給することが可能になるという。いったいどんな技術なのか。


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

ストレージ記事一覧

EnergyShift_NAVI
【募集中】ベストな運転開始を迎えるために!発電事業者が知っておくべきこと。

記事ランキング