日産・東北電力など EV+定置型蓄電池活用、VPP構築実証事業を開始 | 環境ビジネスオンライン

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

日産・東北電力など EV+定置型蓄電池活用、VPP構築実証事業を開始

日産・東北電力など EV+定置型蓄電池活用、VPP構築実証事業を開始

環境ビジネスオンライン
2020/11/19
ブックマーク
環境ビジネスオンライン
2020/11/19
ブックマーク

日産自動車(神奈川県横浜市)、三井物産(東京都千代田区)、東北電力(宮城県仙台市)など6社は11月16日、定置型蓄電池、電気自動車(EV)の蓄電池など複数のエネルギーリソースを遠隔・統合制御することにより、バーチャルパワープラント(VPP)の需給調整への活用について検証する実証プロジェクトを開始したと発表した。


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

ストレージ記事一覧

注目のキーワードを見る

原稿募集
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別