豊田通商、初の海外水力発電に出資参画 ベトナム・84MW | 環境ビジネスオンライン

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

豊田通商、初の海外水力発電に出資参画 ベトナム・84MW

豊田通商、初の海外水力発電に出資参画 ベトナム・84MW

環境ビジネスオンライン
2021/01/13
ブックマーク
環境ビジネスオンライン
2021/01/13
ブックマーク

豊田通商(愛知県名古屋市)は1月8日、ベトナムの大手建設不動産企業VINACONEX社(ビナコネックス社)から、同社が保有するノイファット水力発電所(発電容量84MW)の事業会社であるNEDI2社への経営参画のため、NEDI2の株式を35%取得したと発表した。同社として初めての海外水力発電事業への出資参画となる。


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

エネルギー記事一覧

原稿募集
エナシフTVとは
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別