九州電力、キューバの再エネ電力マスタープラン策定プロジェクトを受託(キューバ) | ビジネス短信 - ジェトロ | JETRO

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

九州電力、キューバの再エネ電力マスタープラン策定プロジェクトを受託(キューバ) | ビジネス短信 - ジェトロ

九州電力、キューバの再エネ電力マスタープラン策定プロジェクトを受託(キューバ) | ビジネス短信 - ジェトロ

JETRO
2020/03/27
ブックマーク
JETRO
2020/03/27
ブックマーク

九州電力は3月24日、日本気象協会と共同で、国際協力機構(JICA)の「キューバ国再生可能エネルギーの開発に向けた電力セクターマスタープラン策定プロジェクト」案件を受託したとプレスリリース外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。キューバ電力公社(UNE)と共に、同国の再生可能エネルギー導入に向けたコンサルティングを行う。受託期間は2020年3月~2022年2月の2年間。これまで九州電力は、2017年4月~2018年6月にキューバで再エネ導入に係る情報収集・確認調査、また2018年12月~2019年2月に電力セクターマスタープラン策定プロジェクト詳細計画策定調査を実施してきた。今回のプロジェクトの主な業務内容は以下のとおり。


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

再エネ記事一覧

EnergyShift_NAVI

記事ランキング