世界経済の脱炭素化が鮮明に/日本、ESG投資で存在感 | 電気新聞ウェブサイト | 電気新聞ウェブサイト

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

世界経済の脱炭素化が鮮明に/日本、ESG投資で存在感 | 電気新聞ウェブサイト

世界経済の脱炭素化が鮮明に/日本、ESG投資で存在感 | 電気新聞ウェブサイト

電気新聞ウェブサイト
2020/10/16
ブックマーク
電気新聞ウェブサイト
2020/10/16
ブックマーク

◆政府目標、引き上げは必至か 世界経済の脱炭素化の潮流が鮮明になってきた。ESG(環境、社会、企業統治)投資は世界の投資市場で約3分の1を占める。日本は欧州、米国に次ぐ世界3位のESG投資残高国として存在感を示す。環境経営を宣言する企業でも日本の積極性が目立つ。各国の政府目標をみると、温室効果ガス削減目標の引き上げが相次ぎ、中国は2060年にゼロカーボンを宣言した。民間が牽引する形で、日本政府も


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

サステナブル記事一覧

原稿募集
Navi

記事ランキング