[需給逼迫]燃料状況を各社に確認、追加調達報告求める/広域機関 | 電気新聞ウェブサイト | 電気新聞ウェブサイト

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

[需給逼迫]燃料状況を各社に確認、追加調達報告求める/広域機関 | 電気新聞ウェブサイト

[需給逼迫]燃料状況を各社に確認、追加調達報告求める/広域機関 | 電気新聞ウェブサイト

電気新聞ウェブサイト
2021/01/14
ブックマーク
電気新聞ウェブサイト
2021/01/14
ブックマーク

 電力広域的運営推進機関(広域機関)は、13日から旧一般電気事業者の発電事業者に対し、燃料の確保状況などに関する報告徴収を始めた。燃料不足などに起因する足元の需給逼迫が当面継続すると判断。需給の広域管理に必要な情報として確認する。燃料のLNG(液化天然ガス)と石油の受け払い計画については同日から毎営業日、各燃料の追加調達に関する取り組みは週2回の報告を求める考え。


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

エネルギー記事一覧

原稿募集
エナシフTVとは
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別