「オバマ水準」上回るか/米バイデン次期政権の気候変動対策、電中研が分析 | 電気新聞ウェブサイト | 電気新聞ウェブサイト

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

「オバマ水準」上回るか/米バイデン次期政権の気候変動対策、電中研が分析 | 電気新聞ウェブサイト

「オバマ水準」上回るか/米バイデン次期政権の気候変動対策、電中研が分析 | 電気新聞ウェブサイト

電気新聞ウェブサイト
2021/01/14
ブックマーク
電気新聞ウェブサイト
2021/01/14
ブックマーク

◆公約の完全履行は困難 電力中央研究所は、米国のバイデン次期政権が掲げる気候変動対策の公約について、「完全に実現する可能性は低い」との分析結果を公表した。上院の議席数の拮抗(きっこう)や、企業などの訴訟リスクの高さから大胆な法案や規制の策定が難しいことが要因。一方、再生可能エネルギーなどの技術進歩や投資環境の変化を考慮すると、「オバマ政権期を超える成果が期待できる」(社会経済研究所の上野貴弘上席


コメント


EnergyShift(エネルギーシフト)

シェアする

エネルギー記事一覧

原稿募集
エナシフTVとは
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別