用語集ISO26000|EnergyShift

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

ISO26000

ISO26000

ISO26000とは、ISO(国際標準化機構)が2010年11月に発行した組織の社会的責任に関する新たな国際規格。\n▼ISO26000の特徴\n ・ISO26000はガイダンス規格であり、ISO9001やISO14001のような第三者認証規格ではないこと\n ・利用者を企業に限定せず、あらゆる組織(企業、労働組合、消費者団体、NGOなど)に適用可能なこと\n ・ステークホルダーの参画を強く打ち出していること\n\nISO26000では「社会的責任」を次のように定義している。\n●組織の決定及び活動が社会及び環境に及ぼす影響に対して、次のような透明かつ倫理的な行動を通じて組織が担う責任\n ・健康及び社会の繁栄を含む持続可能な発展に貢献する\n ・ステークホルダーの期待への配慮\n ・関連法令の遵守及び国際行動規範と整合している\n ・組織全体に統合され、組織の関係の中で実践される\n\n7つの原則と7つの中核課題\nISO26000では、組織が社会的責任を果たすための具体的な実践内容として、「7つの原則」と「7つの中核課題」が示されている。\n●7つの原則\n ・説明責任\n ・透明性\n ・倫理的な行動\n ・ステークホルダーの利害の尊重\n ・法の支配の尊重\n ・国際行動規範の尊重\n ・人権の尊重\n●7つの中核課題\n ・組織統治\n ・人権\n ・労働慣行\n ・環境\n ・公正な事業慣行\n ・消費者課題\n ・コミュニティーへの参加及びコミュニティーの発展
原稿募集
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別