用語集カリウムイオン電池|EnergyShift

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

カリウムイオン電池

カリウムイオン電池

カリウムイオン電池[potassium-ion battery]とは、、電解質中のカリウムイオンが電気伝導を担う二次電池である。\n\nカリウムイオン電池は、リチウムイオン電池と比べて材料が安価であること、安全性が高いこと、取り出すことのできる電圧がリチウム電池と同等かそれ以上であることから世界中から注目が集まっている。\n原理的にはリチウムイオン二次電池のリチウムイオンをカリウムイオンに置き換えたものに相当するもので正極にはカリウム層状化合物を使用して、負極と正極の間でカリウムイオンが移動することによって充放電が行われる。\n\n尚、東京理科大学理学部第一部応用化学科の駒場慎一教授、久保田圭講師らの研究グループが、リチウムイオン二次電池の後継候補の一つとして期待のかかるカリウムイオン二次電池(カリウムイオン電池)について、これまでの研究の全てを網羅した総説論文を発表した(https://www.tus.ac.jp/mediarelations/archive/20200115003.html)。\n\n(東京理科研究所 ”~ナトリウムイオン電池の第一人者が、カリウムイオン電池の研究成果を公開~”より引用)
原稿募集
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別