用語集社会的責任投資(SRI)|EnergyShift

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

社会的責任投資(SRI)

社会的責任投資(SRI)

社会的責任投資[SRI:Socially responsible investment]とは、投資先を判断する際に、企業の環境に対する取り組みなど非財務的な社会的要素も加味して検討する投資を指す。地球温暖化など世界規模で環境問題への意識が高まる中、企業に対して利益を上げるだけでなく、環境にも配慮するよう求める声が高まった。これを、企業の社会的責任[CSR:Corporate Social Responsibility]という。企業価値としてCSRが重視されるようになると投資でも社会的責任投資(SRI)が注目されるようになった。もともとはCSRを果たさない企業には投資しないというネガティブ・スクリーニングからスタートしたが、現在ではCSRを果たしている企業に積極的に投資するというポジティブ・スクリーニングへ変化している。さらに、環境だけでなく社会問題やガバナンスへの取り組みも重視したESG投資へと広がりを見せている
原稿募集
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別