用語集ソーラーシンギュラリティ|EnergyShift

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

ソーラーシンギュラリティ

ソーラーシンギュラリティ

ソーラーシンギュラリティとは、米国のTam Huntが提唱した概念で、太陽光発電によって生み出されたエネルギーが最も安価で標準的なエネルギーになる時点(特異点)を指す。\n世界中でエネルギーシステムの変革が進み、エネルギー貯蔵や電気自動車、グリーンテックの普及によってソーラーシンギュラリティが実現すると唱えている。\n\nTam Huntは、カリフォルニア州サンタバーバラとハワイ州ヒロを拠点とする再生可能エネルギープロジェクトの開発と政策支援を行う「Community Renewable Solutions LLC」の弁護士兼所有者であり、「Solar:Why Our Energy Future Is So Bright 」の著者。
原稿募集
Navi

記事ランキング