用語集二国間クレジット制度(JCM)|EnergyShift

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

二国間クレジット制度(JCM)

二国間クレジット制度(JCM)

二国間クレジット制度[JCM:Joint Crediting Mechanism]とは、温室効果ガスの世界規模での削減を目指して、日本政府が実施している制度。発展途上国をパートナー国として、コストがかかる低炭素技術を提供したり、製品・システム・サービス・インフラ整備等の対策プロジェクトを行う。これにより、途上国で実現した削減量を日本の削減量として計算し、日本の温室効果ガス(GHG)削減目標を達成しようという取り組み。技術提供などによる他国への貢献度を定量的に評価するものである。\nクレジット制度としては国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)の「クリーン開発メカニズム(CDM)」もあるが、パートナー国と二国間で管理するJCMの方が導入しやすく、対象範囲も広いため、柔軟で効率的な仕組みといわれている。
原稿募集
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別