用語集バイオマス発電|EnergyShift

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

バイオマス発電

バイオマス発電

バイオマス発電とは、動植物などから生まれた生物資源を使って電気を作る発電方法のこと。生物資源を直接燃焼したりガス化するなどして発電するため 再生可能エネルギーの一つとして位置づけられている。\nバイオマス発電には、直接燃焼方式・熱分解ガス化方式・生物化学的ガス化方式の3つがある。\n直接燃焼方式とは、バイオマス燃料を直接燃焼する方法で、木くずや間伐材、可燃ごみ、精製廃油等が利用される。燃焼の際に木くず等は「木質ペレット」に、間伐材などは「木質チップ」に加工することで効率的に燃料を燃焼させ、発電することができる。\n熱分解ガス化方式は、木くずや間伐材、可燃性ゴミなどを直接燃焼させるのではなく、加熱することによって発生したガスを利用して発電する。\n生物化学的ガス化方式は、家畜の糞尿や生ごみ、下水汚泥などを発酵させることで、メタンなどのバイオガスを発生させ、発電をする方式。
原稿募集
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別