用語集パッシブデザイン|EnergyShift

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

パッシブデザイン

パッシブデザイン

建材や構造を工夫することで太陽の光や風など自然エネルギーを最大限に活用・調節できるようにし、エネルギー消費量を抑えつつ快適な室内環境を実現する設計手法の一つ。エネルギー消費量を抑える住宅としては省エネ住宅、ZEH住宅などがあるが、パッシブデザインはこれらの先にある設計手法として注目を集めている。パッシブデザインには断熱・日射遮蔽・自然風利用・昼光利用・日射熱利用暖房の5つの設計項目がある。これらをバランスよく考慮しつつ、地域や立地、住む人のライフスタイル等の条件も加味して設計を考えていく。ドイツパッシブハウス研究所の性能認定基準を満たし、ドイツパッシブハウス研究所が認定した住宅はパッシブハウス(Passive house)と呼ばれ、日本ではまだ建築例が少ない。
原稿募集
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別