用語集ヘテロ接合|EnergyShift

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

ヘテロ接合

ヘテロ接合

ヘテロ接合[Heterojunction]とは、多接合太陽電池の一種。\n結晶系基板の両面にアモルファスシリコン層を形成することで、太陽電池モジュールの変換効率を高めることができる技術。\nその製造工程の複雑さから、製造コストは一般的な結晶シリコン系と比べて高い。\n\nパナソニックがヘテロ接合技術を採用したHIT[Heterojunction with Intrinsic Thin-layer:ヒット]太陽電池モジュールを生産・販売している。\n※「HIT」はパナソニックグループの登録商標\n\nHIT以外でヘテロ接合技術を採用した太陽電池はHJT(Heterojunctionの略称)と呼ばれ、REC SolarなどがHJT太陽電池モジュールを生産・販売している。\n\n関連用語:HIT\n関連ページ:製品データベース - 太陽電池モジュール
原稿募集
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別