じぞくかのうせい:日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)

じぞくかのうせい:日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

じぞくかのうせい:日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

こんにちは。編集部のこもやんです。昨日からはじまったこのコーナーは、カーボンニュートラル、脱炭素関連の用語を、日本一わかりやすく、しりとりで毎日紹介していきます。

昨日は「りにゅーあぶるえなじー」でしたので、今日は「」です。同僚のOさんは「じろうけいらーめん」と提案してくれましたがそれでは終わってしまいます(泣)。

では、さっそく、いってみましょう。

じぞくかのうせい

みなさん聞いたことあると思います。持続可能性。英語にしたらサステナビリティ。昨日の再生可能エネルギーに続いて、持続可能性。世の中は可能なことばかりのように感じますね。

サステナブル(持続できる)、に「性質」がついて名詞になるとサステナビリティ。この言葉と脱炭素の関係を公式で表すとこうなります。

持続可能性>脱炭素

つまり、持続可能性のなかのひとつの要素が、脱炭素だということですね(持続可能になる要素はほかにもたくさんありますから)。

この持続可能性、サステナビリティという言葉、1987年の国連の委員会でクローズアップされました。しかし、アイデアとしては300年以上前からあったのです。

ドイツの林業の役人、ハンス・カルロヴィッツという人が、1713年に出版した本の中に「森林を伐採ばかりしていたら、おれたちの生活も経済も長続きせえへんぞ!」と書いたのです。ここではじめて「Nachhaltigkeit」(英語でサステナビリティ)という語がでたんですね(今まで知りませんでした)。考え方としてはもっと古くからあったようなのですが、ちゃんと本に書いたのがこの人。

しかし300年前ですよ。古代エジプト時代から「最近の若いもんは」っていっていたのを思い出しました。

用語解説になりましたでしょうか。明日は「」ですね。土日も更新します。

では、「い」でお会いしましょう。

寺下太郎、カルロヴィッツ300年 林業経済 69(2)を参考にしました

これまでのしりとり

しりとり

りにゅーあぶるえなじー

じぞくかのうせい

脱炭素関連用語しりとり
脱炭素関連用語しりとり

カーボンニュートラル、脱炭素関連の用語を、日本一わかりやすく、しかもしりとりで、毎日紹介していきます。毎日だいたい11時に公開します。