イオン 2030年までに国内店舗で50%の 再生可能エネルギー導入を目指す | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)

イオン 2030年までに国内店舗で50%の 再生可能エネルギー導入を目指す

イオン 2030年までに国内店舗で50%の 再生可能エネルギー導入を目指す

7月8日、イオンは国内店舗で使用している電力、年間約71億kWh(2020年度)のうち、50%を2030年までに再生可能エネルギーにすると発表した。

同社は温室効果ガス排出削減に取り組み、脱炭素社会の実現に貢献する「イオン 脱炭素ビジョン2050」を2018年に策定している。

今回発表された目標は、この「イオン 脱炭素ビジョン2050」の中で掲げられている2050年までに店舗におけるCO2排出量ネット・ゼロの目標を、10年前倒しで達成することを目指すものだ。

同社店舗におけるCO2発生源の約9割は電気使用であり、年間71億kWhは国内電力の約1%に相当することから、店舗で使用する電力を再生可能エネルギーに切り替えることは、国内全体のCO2削減への貢献にもつながると考えているという。

この発表の中で、同社は2025年度までに「イオンモール」155店、2030年度までに「イオンタウン」「イオン」「イオンスタイル」計441店で100%再エネ導入を目指していると改めて示した。マックスバリュなど、他の連結子会社についても順次再エネを導入していくとしている。

再エネ導入の手法としては、店舗屋上などへの太陽光発電システム導入(自家消費)や、PPAモデルの導入拡大、固定価格買取制度の買取期間が満了した卒FIT電力の買い取り強化、各地域での再エネ直接契約などを推進していく。

イオンが6月8日に開業したイオンモール川口では、大型商業施設としては国内初となる使用電力・ガスのCO2排出量を実質ゼロで運営しており、このような取り組みがイオンの各店舗に広がると思われる。

EnergyShift編集部
EnergyShift編集部

EnergyShift編集部

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事