住友商事、新たな営業組織「EII」設立。カーボンニュートラル社会の実現に資する次世代事業創出を目指す | EnergyShift

日本へGX(グリーントランスフォーメーション)

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

住友商事、新たな営業組織「EII」設立。カーボンニュートラル社会の実現に資する次世代事業創出を目指す

住友商事、新たな営業組織「EII」設立。カーボンニュートラル社会の実現に資する次世代事業創出を目指す

EnergyShift編集部
2021/03/16

住友商事は2021年3月16日、カーボンニュートラル社会の実現に資する次世代事業の創出に向けて、従来の部門の枠組みを越えた新たな営業組織エネルギーイノベーション・イニシアチブ(Energy Innovation Initiative、以下「EII」)を2021年4月に新設すると発表した。

 

世界的な人口増加と経済成長に伴い、エネルギー需要は増加の一途をたどっている。

一方、気候変動問題は地球規模で取り組むべき喫緊の課題となり、環境負荷の低減と経済成長を同時に達成する持続的なエネルギーサイクルの必要性が高まっている。

住友商事は、脱炭素・循環型エネルギーシステムの構築によるカーボンニュートラル社会の実現に資する次世代事業の創出に向け、社内の専門的な知財や人材などの経営資源をEIIに戦略的に投下していく。

副社長執行役員である上野真吾氏をリーダーとし、各事業における意思決定の権限を有し、機動力を持って戦略を遂行するという。

具体的には、中長期視点での事業開発が必要な水素・蓄電池事業に加え、豊富な実績を有する森林事業・バイオマス燃料事業や各営業部門で取り組んできた次世代エネルギー関連事業をEIIに集約する。また、社内外の多様な知見・人材を活用した多角的なアプローチにより、バリューチェーン全体を俯瞰し、以下3つのテーマを軸として事業拡大に注力していく方針だ。

1. カーボンフリーエネルギーの開発・展開(大規模水素受入配送基地による新エネルギー供給事業、CO2フリー水素・アンモニアの利活用事業など)

2. 新たな電力・エネルギーサービスの拡大(大型蓄電事業・リユース蓄電池事業、分散型電源・環境価値を活用した電力・エネルギープラットフォーム事業、ゼロエミッション型複合エネルギーサービス事業など)

3. CO2の吸収・固定・利活用(森林などによる環境価値創造事業、次世代バイオエネルギー開発、メタネーション(注1)、CCS(注2)、排出権取引など)

具体的な施策は、2021年5月に次期中期経営計画の重点施策として発表する予定だ。

住友商事は、「EIIによる次世代事業の創出を通じて、2020年6月に定めた「気候変動緩和」「循環経済の実現」などの重要社会課題の解決を目指し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献していきます」とコメントしている。

注1 メタネーション:温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を取り込み、水を分解して取り出した水素(H2)と合成して、メタン(CH4)をつくり出す技術
注2 CCS:CO2を地中や海底に隔離し閉じ込める回収・貯留する技術

プレスリリース:エネルギーイノベーション・イニシアチブの新設について 2021.3.16

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録