積水化学、グリーンなのにお得なエネルギー自給自足型住宅を発売 新開発の大容量蓄電池を活用 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)

積水化学、グリーンなのにお得なエネルギー自給自足型住宅を発売 新開発の大容量蓄電池を活用

積水化学、グリーンなのにお得なエネルギー自給自足型住宅を発売 新開発の大容量蓄電池を活用

積水化学工業はセキスイハイムの新商品「新スマートパワーステーション FR GREENMODEL」を発表した。従来商品の環境貢献、レジリエンスに経済性を加えた「できるだけ電気を買わない、先進の暮らし」を目指す、エネルギー自給自足型住宅だとしている。10月23日から発売する。

この新商品では、新開発の大容量蓄電池「e-PocketGREEN」と大容量太陽光発電システムにより、昼も夜も自宅で発電した電力を十分に使える。エネルギー自給率は昨年モデルの約66%から約73%に向上。太陽光発電の売電分をCO2排出の削減とみなした場合、CO2排出量はマイナス約1,060kg-CO2/年になるという。

試算では年間約260日分の電力を太陽光でまかなえるようになる。また、太陽光発電の余剰電力を優先的に売電する場合と比べ、年間約1〜3万円有利となる。

新開発の大容量蓄電池「e-PocketGREEN」は積水化学工業製のフィルム型蓄電池セルを採用し、コンパクトでありながら12kWhの大容量となる。パワコン1台に接続可能な太陽光発電容量は従来の約1.4倍の最大10.08kWになった。

さらに今後のEV(電気自動車)普及を見据え、1台のパワコンで太陽光発電、家庭用蓄電池、EVの3電池と接続可能なトライブリッド仕様になる。

EnergyShift編集部
EnergyShift編集部

EnergyShift編集部