脱炭素で変わるコンビニ ファミマ、伊藤忠グループとフィンランド企業が組み、配送車両に新燃料 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

脱炭素で変わるコンビニ ファミマ、伊藤忠グループとフィンランド企業が組み、配送車両に新燃料

脱炭素で変わるコンビニ ファミマ、伊藤忠グループとフィンランド企業が組み、配送車両に新燃料

脱炭素社会の実現に向けた取り組みがコンビニ業界でも加速している。ファミリーマートは配送車両から出るCO2を削減するため、廃油など再生可能資源由来の新燃料、リニューアブル燃料で配送車両を走らす。5月31日、伊藤忠商事やフィンランド企業との協業を発表した。コンビニ配送車両へのリニューアブル燃料の利用は日本初だという。

ファミリーマートは5月31日、輸送分野におけるCO2排出削減を目指し、伊藤忠商事と、伊藤忠エネクス、そして世界最大のリニューアブル燃料メーカーであるフィンランドのNeste OYJ社と協働で、コンビニ配送車両をリニューアブル燃料で走行させると発表した。

6月初旬から、ファミリーマートの横浜市内の配送センターで、配送車両の一部を軽油から、100%リニューアブル燃料に切り替える。新燃料での走行はコンビニ業界初だとし、燃料転換によって、CO2排出量を9割減らすことができるという。

Neste社は、食品競合のない廃食油や動物油などを原料としたリニューアブル燃料や、持続可能な石油代替航空機燃料などを製造する世界最大級の新燃料メーカーだ。

伊藤忠商事と提携し、2020年10月には廃油などからつくった燃料で航空機を飛ばすなど、日本国内における供給をスタートさせている。

今回の協業では、伊藤忠商事がリニューアブル燃料の国内輸入契約を結び、グループ会社の伊藤忠エネクスが燃料輸送や給油など一連のサプライチェーンの構築を目指すという。

また、伊藤忠グループはファミリーマートなどとの取り組みを機に、陸上輸送分野におけるリニューアブル燃料ビジネスに本格的に参入する。

EnergyShift編集部
EnergyShift編集部

EnergyShift編集部

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事


デジタルグリッド様
メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録