脱炭素の切り札「CO2回収・利用」「水素」 商船三井、リトアニアで本格化 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

脱炭素の切り札「CO2回収・利用」「水素」 商船三井、リトアニアで本格化

脱炭素の切り札「CO2回収・利用」「水素」 商船三井、リトアニアで本格化

脱炭素社会実現の切り札とされるCCUS(CO2の回収・利用・貯留技術)と水素製造に関する技術開発が活発化するなか、海運大手の商船三井は、リトアニアで液化CO2の海上輸送や水素製造に乗り出す。

CCUSと呼ばれる温室効果ガスの原因とされるCO2を回収し、利用、あるいは貯留する技術や、燃焼時にCO2を排出しない水素は、脱炭素の切り札とされており、世界中で技術開発が進んでいる。

商船三井は、同社が出資する液化CO2専用船などの管理ノウハウを持つ、ノルウェーのラルビック・シッピング社(LS社)と、リトアニアで液化CO2の海上輸送や水素製造に乗り出す。

プロジェクト実現に向け5月27日、リトアニアのターミナル運営会社であるクライペドス・ナフタ社と共同検討に関する覚書を締結した。

リトアニアもまた脱炭素実現に向け、CO2排出削減に取り組んでいる。削減に向け期待するのが、CO2を回収し、利用、あるいは貯留する技術だ。

商船三井は2社と組み、リトアニアおよびバルト海沿岸諸国で回収された液化CO2の海上輸送などの事業化を目指す。また、燃焼時にCO2を排出しない水素に関しても、リトアニアの港湾ターミナルで製造することを検討していくという。

商船三井は2021年3月、欧州で産業向け液化CO2専用船の管理ノウハウを持つ、ノルウェーのLS社に出資し、液化CO2の海上輸送事業に本格参入した。今回のリトアニアなどでの協業を通じ、欧州はじめ、アジア、日本における液化CO2の海上輸送事業を拡大させたい考えだ。

EnergyShift編集部
EnergyShift編集部

EnergyShift編集部

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事


デジタルグリッド様
メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録