明治ホールディングス 「日本気候リーダーズ・パートナーシップ」に加盟 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)

明治ホールディングス 「日本気候リーダーズ・パートナーシップ」に加盟

明治ホールディングス 「日本気候リーダーズ・パートナーシップ」に加盟

7月15日、明治ホールディングス株式会社は「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)」に賛助会員として加盟したことを発表した。

JCLPとは、2009年に発足した持続可能な脱炭素社会の実現を目指す日本の企業グループだ。

明治グループは、2050年までにサプライチェーン全体でCO2などの温室効果ガス排出量を実質ゼロとする「Meiji Green Engagement for 2050」を策定している。また、2050年までに自社拠点における総使用電力量に占める再生可能エネルギー比率100%の達成も目標としている。

さらに、同社は2019年から気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative)に参加している。JCIとは、気候変動対策に積極的に取り組む企業や自治体、NGOなどが情報発信や意見交換を通して脱炭素社会の実現を目指すネットワークである。

同社は、今回のJCLPへの加盟を通じて、 温室効果ガスの削減に向けてより一層取り組むとともに、会員企業との協働により持続可能な社会の実現に貢献するという。

 

関連記事

再エネ100%、カーボンニュートラルなチョコレートが食べられるようになる! 明治HD、「Meiji Green Engagement for 2050」策定

EnergyShift編集部
EnergyShift編集部

EnergyShift編集部

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事