世界初、牛のげっぷからカーボンクレジット | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

世界初、牛のげっぷからカーボンクレジット

世界初、牛のげっぷからカーボンクレジット

EnergyShift編集部
2021/04/23

スイスと英国を拠点とする農業技術企業Mootralは、世界初となる、牛のげっぷから排出されるメタンの削減に基づいた、カーボンクレジット(温室効果ガス排出権)を発表した。これは、天然飼料サプリメントを利用するという方法で、気候にやさしい牛肉の生産を可能にするものだという。

牛にたべさせるだけで、メタンを最大38%削減

2021年4月14日、Mootralは、同社の画期的な天然飼料サプリメントであるMootral Ruminantを利用した、世界初の牛が生成するカーボンクレジットを発表した。

牛にこの飼料サプリメントを食べさせることで、牛の消化器官から放出されるメタンの量を最大38%削減する。同時に牛肉の収量を自然に増やし、気候に優しい牛乳や牛肉の生産を可能にすることが証明されたという。

飼料サプリメントのMootral Ruminantは、大手研究機関であるNeem Biotech社が開発した長年の研究の成果であり、この技術がスピンアウト企業であるMootral社の誕生につながっている。

Mootralについて「牛のテスラ」と評するメディアもあり、ニューヨーク・タイムズ、ブルームバーグ、ロンドン・タイムズでも紹介された。

Mootralの創設者兼CEOであるThomas Hafner氏は、生命科学分野の起業家であり、Zaluvida Venturesの共同創設者として、この業界で約30年の経験を持っている。

現在、Mootral Ruminantを世界中の農家に無償で提供するというビジョンを実現するために、今回のシード資金ラウンドを終了し、年内にシリーズAラウンドを予定している。さらに250万ドルの投資を求めており、農業が気候変動対策の一翼を担い、カーボンオフセットの新たな市場を開拓する大きなチャンスとなるという。

農業における温室効果ガス排出量は、2021年11月のCOP26で精査される予定だが、世界の炭素市場は、前年の2019年に34%の飛躍を遂げた後、さらに成長すると予測されている。Mootralは、牛のメタン排出量の削減によって生成されたカーボンクレジットを販売した最初の企業となる。つまり、世界中の企業がCow Creditsを購入して排出量を相殺することができるということだ。Mootralのカーボンクレジットは、CORSIA(国際航空のためのカーボンオフセットおよび削減スキーム)などの世界的な気候削減スキームの一部としても使用できるよう認証を受けている。

Mootralは、世界の15億頭すべての牛がMootral Ruminantを1年間食べた場合、メタン排出量の削減は、現在EUで使用されているよりも多くの3億3,000万台のヨーロッパ車を道路から取り除くことに相当すると推定している。これにより、Mootralは気候変動との戦いで現在利用可能な最もスケーラブルなソリューションの1つになるということだ。

現在、Mootral Ruminantは、英国のBrades農場などの商業酪農場で使用されており、高級チェーンGAILを含む英国の主要なコーヒーショップにプレミアムバリスタミルクを供給している。

持続可能な農業をリードするMootralは、次は気候変動に配慮した牛肉市場に目を向け、世界中のステーキハウスで持続可能な肉をメニューに載せることを目指して、今年は米国と欧州で試験的に導入を実施する予定。

MootralのCEOであるThomas Hafner氏は、次のようにコメントしている。

「牛は私たちの生態系において重要な役割を果たし、土壌の質を改善し、炭素隔離を支援し、優れた栄養源を提供します。気候変動との世界的な戦いにおいて、彼らが解決策の一部となるのを支援する時が来ました。Mootralは、最初の20年間でCO2よりも温室効果ガスの84倍強力なメタン排出量を削減することにより、経済を脱炭素化する一方で気候の大惨事を回避する機会の窓を開くスケーラブルなテクノロジーです。

Mootralカーボンクレジットを市場に投入できることを非常に嬉しく思います。これらのクレジットは、購入者に優れた価値を提供し、排出量に真の違いをもたらし、古代の農業コミュニティと伝統を維持するのに役立ちます。私はこの飼料サプリメントを最終的にすべての畜産農家が無料で利用できるようにする使命を負っていますが、それを実現し、国際的な規模拡大を支援するために、先見の明のある投資家が今日参加する必要があります。

私たちは、気候変動問題にグローバルに取り組みたいが、同時にローカルで違いを生み出したい投資家を求めています。エシカルな投資家は、サプライチェーン内の農家が排出量を削減すると同時に、収穫量を増やして牛乳をプレミアムで販売できるよう支援したいと望んでいます」

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録