石油メジャーのbpがインドでEnergy-as-a-Service | EnergyShift

日本へGX(グリーントランスフォーメーション)

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

石油メジャーのbpがインドでEnergy-as-a-Service

石油メジャーのbpがインドでEnergy-as-a-Service

EnergyShift編集部
2021/04/28

石油メジャーのbpとデジタルサービス企業のInfosysは、温室効果ガスの排出量削減のための戦略的コラボレーションを発表した。高度なデジタル機能を活用して、統合されたエネルギーサービスを提供するというもので、インドのInfosysで試験運用されたあと、都市や工業団地などに展開する。

デジタル技術で低炭素エネルギーを管理・供給

2021年4月22日、次世代デジタルサービスおよびコンサルティングのグローバルリーダーであるInfosys(NYSE:INFY)と、グローバルな統合エネルギー企業であるbpは、両社が協力して開発することを目的とした覚書(MoU)に署名したことを発表した。統合されたEnergy-as-a-Service(EaaS)ソリューションは、顧客のエネルギー資産とサービスのエンドツーエンドの管理を提供するという。

両社は、bpのエネルギーおよびモビリティに関する専門知識とInfosysのデジタル能力を活用して、AIベースのデジタルプラットフォームにより、エネルギー資産を管理し、低炭素電力、低炭素冷暖房、低炭素モビリティをキャンパスに提供する機会を模索していく。

この統合されたEaaSソリューションは、Infosysの各キャンパスが、エネルギーインフラに追加投資することなく、信頼性の高い低炭素エネルギーとモビリティのオプションにアクセスし、エネルギーをより効率的に利用し、複数のユーザーと資産の需給を最適化することを可能にすることを目指している。

両社は、Infosysのキャンパスでの試験運用に続き、工業団地やビジネスパーク、都市部でのエネルギー管理と排出量削減の機会を模索していく予定。

bpは、2050年またはそれ以前にネットゼロ企業となり、世界のネットゼロ化に貢献することを目標としている。両社は、デジタルサービスを統合的なエネルギーソリューションに適用することで、企業や都市の脱炭素化に貢献できると考えている。

InfosysのCEOであるPravin Rao氏は、「デジタル化は、脱炭素化と未来の仕事と生活空間を構築するためのドライバーとして機能します。現在のテクノロジーの進歩により、ポジティブな推進力、透明性、管理、および意思決定の強化を実現するソリューションを生み出すことができます。Infosysは、長年にわたってサステナビリティに取り組んできました。過去16年間の戦略的パートナーであるbp社は、ネットゼロカーボンの未来を目指す我々の野望を共有しており、今回のパートナーシップは、Infosysのデジタル能力とbp社の持続可能なエネルギーソリューションの専門知識を活用して、エネルギーとモビリティの統合サービスを共同で革新・作成する絶好の機会となります。私たちは共に、よりクリーンで環境に優しい未来を目指していきます」と述べている。

bpインド法人の社長でbpグループの上級バイスプレジデントのSashi Mukundan氏は、「統合エネルギー・モビリティソリューションは、低炭素エネルギーによるクリーンな都市を実現する大きな可能性を秘めており、デジタルプラットフォームは不可欠な要素です。当社は、Infosysと協力し、デジタル化された統合エネルギーソリューションが、Infosysのキャンパスにいかに信頼性の高い、効率的で低炭素なエネルギーを提供できるかを探求できることを嬉しく思います」と述べている。

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録