EVバッテリー交換サービスを手がける中国のAulton(奥動新能源)、約264億円を調達 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)
EnergyShift(エナジーシフト)

EVバッテリー交換サービスを手がける中国のAulton(奥動新能源)、約264億円を調達

EVバッテリー交換サービスを手がける中国のAulton(奥動新能源)、約264億円を調達

2021年10月15日

報道によると、EV向けバッテリーの交換サービスを手がける中国のAulton(奥動新能源)が、シリーズBで約264億円(15億元)を調達したという。

リード・インベスターは、中国の政府系企業、広州金控(Guangzhou Finance Holdings)と広州高新区科技が共同で設立したファンドと恩沢基金。

同社は、北京汽車集団(BAIC Group)や中国第一汽車集団(China FAW Group)といった自動車メーカー20社以上と提携し、バッテリー交換式の車種20モデル超を開発しており、乗用車だけでなく、商用車の開発も行っているという。

Aultonには今年7月、SBエナジーが約5億円の出資契約に合意しており、10月に完了する予定だ。

EnergyShift編集部
EnergyShift編集部

EnergyShift編集部

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事

ニュースの最新記事