世界規模のSDGsイベント!SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクションfrom JAPAN 3月25日・26日オンライン開催 | EnergyShift

日本へGX(グリーントランスフォーメーション)

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

世界規模のSDGsイベント!SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクションfrom JAPAN 3月25日・26日オンライン開催

世界規模のSDGsイベント!SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクションfrom JAPAN 3月25日・26日オンライン開催

EnergyShift編集部
2021/03/23

3月25日(木)・26日(金)の2日間、「SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクション from JAPAN」が開催される。

これは日本における国連の諸機関が集結し、国の内外でSDGsに精力的に取り組む各界のリーダーたちとともに、SDGs達成に向けたアクションを応援する国内初の祭典となる。

イベントは、国連事務総長の命を受け、国連開発計画(UNDP)が国連諸機関及び世界各国のために運営する「国連SDGアクションキャンペーン」及びジャパンSDGsアクション推進協議会が共催する。 

初のオンライン、初のローカル開催

国連SDGアクションキャンペーンは2017年より、世界のSDGsリーダーを集めた「SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクション」をドイツで開催してきた。国連が開催してきたこのグローバルなSDGsの祭典を、2021年は初めてオンラインで、また初めてのローカル版として、日本からの企画を全世界に発信することになる。 

テーマは「世界を変えよう 人と地球のために」。コロナ禍や気候危機、不平等の拡大が世界を脅かす中、人と地球は転換期を迎えている。いまこそ、持続可能な開発目標(SDGs)という未来への羅針盤を活用し、これまでの暮らし方を見直し、より良い復興に向けて世界を変える時だと国連は考えている。 

「SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクション from JAPAN」では、12の駐日国連機関がセッションを企画。日本やアジア、中東、アフリカなど世界中から、国連、企業、起業家、NGO、若者団体、自治体など各界の代表が登壇し、国、所属、世代を超えて、SDGs達成に向けたアイディアや成功例、これからの活動に込めた想いなどを語りあう。国連機関の親善大使やお笑い芸人によるトーク・パフォーマンス、映画の上映等も行われる。

これからSDGsに取り組みたい人にも、すでに取り組んでいる人にも、たくさんのヒントとエールになる内容だということだ。 

イベントの軸は、イノベーション、インスピレーション、エンタテイメント。20代の登壇者が多いのも特徴で、全世界から2万人以上の参加者が見込まれている。

日本からのアイディアを発信すると同時に、海外からも学び、海外とのつながりを作る、またとない機会となるだろう。 

 

日時
2021年3月25日(木)18:00~20:30 / 26日(金) 17:00~23:10 (予定) 
(※国連ウェブTVでも一部放映。後日、YouTubeでも配信予定) 

共催
国連SDGアクションキャンペーン/国連開発計画 及び ジャパンSDGsアクション推進協議会 

言語
英語(英日同時通訳 及び 国際手話通訳あり)/ 参加費 無料 

テーマ
世界を変えよう 人と地球のために (#TurnItAround for People and the Planet) 
(4本柱):気候変動対策、貧困と格差、ジェンダーの平等、 包摂的なシステムと持続可能な金融 

登壇者例(敬称略) 
中満泉(国連事務次長・軍縮担当上級代表)/ 宇都隆史 外務副大臣 / 黒岩祐治 神奈川県知事 / 渋澤 健 シブサワ・アンド・カンパニー 代表取締役 / アンドリュー パーソンズ 国際パラリンピック委員会(IPC)会長 / ピュール ビエル(南スーダンの難民オリンピアン)/ 日本、ガーナ、タイ、バングラデシュ、レバノン、ナイジェリアの若者 / 紺野美沙子UNDP親善大使 / MIYAVI UNHCR 親善大使 / ゆりやんレトリィバァ /古坂大魔王ほか 

 

詳しくはSDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクション from JAPAN ウェブサイトまで。

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録