ろはす :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり | EnergyShift

日本へGX(グリーントランスフォーメーション)

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

ろはす :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

ろはす :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

こんにちは。カーボンニュートラルや脱炭素の関連用語を、毎日毎日ひとつづつ、なぜかしりとりで紹介していくコーナーです。春です。

昨日は「ラルデレロ」でしたので、今日は「」です。さっそく参りましょう。

ろはす

一時すごく言われていました、ロハス。もはや少し懐かしい。

Lifestyles Of Health And Sustainability、持続可能で健康的なライフスタイル、の頭文字をとってLOHAS。

もともとは、1990年代後半にアメリカで開発されたマーケティングコンセプトだったのです。ロハス層をターゲットにした商品、とかいうことですね。

このようにロハスはマーケティング用語なので、アメリカではビジネスで使われるけど、一般にはあまり知られていないそうです。

日本にもほどなく伝わってきて、一種のブームがありました。雑誌ができたり、ラジオ番組になったりしました。いくつかはまだ続いています。日本ではなんかおしゃれなイメージで、一般にも使われるようになりました。

まだロハスブームの頃は、「生活スタイルで環境を大事にしたほうがいいよね」、くらいの余裕がありました。しかし、今はもうそんな悠長なことは言ってられない、という意見が若者を中心に大勢を占めます。

いま大学生の人でも2000年代生まれですから、ロハスなんか知らないよ、という人も当然多くなっているのです。ロハスよりももっとシリアスに地球環境を考える時期がきているのでしょう。いまの気候変動問題、持続可能性とロハスとは明らかに一線が引かれているのでしょう。

今日もEnergyShiftに来ていただきありがとうございます。他の記事もぜひ読んでいってください。

明日は「す」でお会いしましょう。ではまた!

これまでのしりとり

しりとり

りにゅーあぶるえなじー

じぞくかのうせい

いーろんますく

くらいめいと

とくべつこうあつ

つんどら

らるでれろ

ろはす

 

脱炭素関連用語しりとり
脱炭素関連用語しりとり

カーボンニュートラル、脱炭素関連の用語を、日本一わかりやすく、しかもしりとりで、毎日紹介していきます。

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


脱炭素用語集の最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録