バイデン大統領、今年の気象災害によるアメリカの損害額「1,000億ドルを上回る」 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)

バイデン大統領、今年の気象災害によるアメリカの損害額「1,000億ドルを上回る」

バイデン大統領、今年の気象災害によるアメリカの損害額「1,000億ドルを上回る」

バイデン大統領は9月14日、訪問先のコロラド州で「異常気象の災害によるアメリカの損害額は昨年の990億ドルを超え、1,000億ドルを大幅に上回る」と述べた。ロイターなどが報じている。

「(昨今の異常気象による災害は)気候変動が要因であることはわかっている。その気候変動を引き起こしているのは人間の活動で、これはもはや議論の対象ではない。今後もさらに猛威を振るうだろう」と述べた。また、「私たちは明日(未来)ではなく、今日、気候変動対策への投資をしなければならない」と、気候変動対策のためのインフラ投資への支持を呼びかけた。

アメリカでは今年、大規模な山火事やハリケーンが大きな被害をもたらしている。今週にも熱帯性の暴風雨がテキサス州とルイジアナ州を襲い、道路は冠水し何十万もの家庭や企業が停電に見まわれた。

コロラド州ゴールデンにある国立再生可能エネルギー研究所を訪問し、同研究所を視察していた。

関連記事:拡大する気候災害 莫大な損害に頭を抱える世界で脱炭素への投資が進む理由

EnergyShift編集部
EnergyShift編集部

EnergyShift編集部