デロイト トーマツ、気候変動リスク・機会に対するシナリオプランニングツールを開発し、提供を開始 | EnergyShift

日本へGX(グリーントランスフォーメーション)

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

デロイト トーマツ、気候変動リスク・機会に対するシナリオプランニングツールを開発し、提供を開始

デロイト トーマツ、気候変動リスク・機会に対するシナリオプランニングツールを開発し、提供を開始

EnergyShift編集部
2021/03/01

デロイト トーマツは、気候変動リスク・機会に対するシナリオプランニングツールを新しく開発、提供を開始した。さまざまな業界企業に対してTCFD(気候変動関連財務情報開示タスクフォース)に沿ったシナリオプランニングを行ってきた実績をもとに、気候変動リスク・機会の可視化とともに、レポーティング・モニタリングの自動化を実現する。

デロイト トーマツ グループは「Climate Sustainabilityイニシアチブ」の一環として、気候変動リスク・機会の可視化、レポーティング・モニタリングを自動で行い、企業経営者の長期的視点で意思決定をサポートするシナリオプランニングツールを新たに開発した。TCFD関連・シナリオ分析サービスの一環として2021年3月1日より提供を開始する。

企業が気候変動リスクや機会を特定し、経営戦略に織り込むことは、企業価値を左右する重要なファクターとして認識が広まってきた。この気候変動対策には、ロングタームな視点が求められるため、社会全体を視野に入れて将来シナリオを描き、取るべき対策を選択することが重要だ。

一方で、気候変動によってもたらされるリスク・機会に関する情報収集や、自社への影響についての継続的なモニタリングのために必要とされる社内リソースや専門スキル人材の不足などもあり、対応を求められる企業側は多くの課題を抱えている。

今回のツールは、これらの課題を効率的・効果的に解決するデジタルツールとして、デロイト トーマツ グループが多様な業種*の50社以上に提供してきた「TCFD(気候変動関連財務情報開示タスクフォース)に沿った気候変動リスク・機会に対するシナリオプランニング」の実績と知見を活かして開発されたものであり、次のような機能がある。

*自動車・電機・機械・消費財製造、金属、化学、エネルギー、運輸、不動産、金融、小売、流通、商社などの業種

提供サービス例

  • 気候変動リスク・機会の可視化:複数のニュースサイトのソースからAIが自動で情報を収集し、自社に関連する気候変動リスク・機会に関する情報の迅速な把握を可能にする。
  • レポーティング・モニタリングの自動化:デロイト トーマツ グループが有する豊富なシナリオ分析の実績や知見をもとに、国際機関が公表するエネルギー、環境等のマクロデータや業界特有のミクロデータ等500項目以上のパラメータを瞬時に検索し、予め設定した損益計算書等の項目に対する影響を、自動的にレポーティング・モニタリングすることが可能。

詳しくはこちら

■レポーティング・モニタリング画面のイメージ


提供:デロイト トーマツ グループ

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録