ケイアイスター不動産子会社とLooop、エクソル、月間電気使用量250kWhまでは電気代が6,480円の電力プランを提供 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)

ケイアイスター不動産子会社とLooop、エクソル、月間電気使用量250kWhまでは電気代が6,480円の電力プランを提供

ケイアイスター不動産子会社とLooop、エクソル、月間電気使用量250kWhまでは電気代が6,480円の電力プランを提供

EnergyShift編集部
2021/03/08

ケイアイスター不動産子会社のカーザロボティクスと、新電力のLooop、そして太陽光発電の総合企業であるエクソルの3社は2021年3月8日、月間電気使用量が250kWhまでなら、電気代が月額6,480円(税込)となる、新たな電力プラン「IKI のいきいきでんき」を開始すると発表した。

太陽光発電システムとポータブル蓄電池は設置費用0円

2月13日に発生した福島県沖を震源とする地震によって約95万戸が停電したように、災害等による停電が多発している。

停電時であっても、日差しのある日中に太陽光発電で発電した電気をポータブル蓄電にためておけば、電気を使うことができる。そこで、カーザロボティクスとLooop、エクソルの3社は協働で、太陽光発電システムやポータブル蓄電池により停電に強い家を実現するとともに、一般家庭に安価な電気を提供するため、「IKI のいきいきでんき」を開発した。

「IKI のいきいきでんき」は Looop が提供する電気料金プランに加入するだけで、設置費用0円で太陽光発電システムとポータブル蓄電池を自宅に設置できるサービスとなる。ユーザーは設置費用を気にせず、太陽光発電システムを導入できる。

設置する太陽光発電システムは、エクソルの高出力・高変換効率の太陽電池モジュールを使用し、ポータブル蓄電池は、容量が1.2kWh、コンパクトで持ち運びもできる。

電気料金プランは、月額固定のシンプルな料金プラン

電気料金プランは1ヶ月250kWhまでの電気を使い放題で、月額6,480 円(税込)の定額制となる。

一般的な電気料金と比較すると約9%電気料金を削減できるという。ただし、250kWhを越えた場合は超過分の電気料金を1kWhあたり28円(税込)支払う必要がある。

また、設置して10年後には太陽光発電システムなどが契約者に無償で譲渡されるため、電気料金を半分以下に削減できるともいう。

「IKI のいきいきでんき」の仕組み

ユーザーはLooopと電力契約を結ぶことによって、カーザロボティクスが新築するIKI(住宅)の屋根に、エクソルが太陽光発電システムを設置するというもの。Looop は発電した電力と系統からの電力をユーザーへ供給する代わりに、ユーザーから毎月定額の電気料金を受け取る。契約期間は10年間。

カーザロボティクスでは今後、販売するすべてのIKIブランド住宅への太陽光発電システムの設置を目指すという。エクソルはこの取り組みにLooop とともに協働することによって、再生可能エネルギーをより身近にし、脱炭素社会の実現に向けた太陽光発電の主力電源化に貢献する方針だ。

プレスリリース:ケイアイスター不動産の子会社Casa robotics、Looop、エクソル3社協働 新サービス「IKI のいきいきでんき」を開始(PDF:318KB)

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事