脱炭素へ前進 国内初、CO2ゼロ水素発電所を商業運転 2021年度中に | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)

脱炭素へ前進 国内初、CO2ゼロ水素発電所を商業運転 2021年度中に

脱炭素へ前進 国内初、CO2ゼロ水素発電所を商業運転 2021年度中に

EnergyShift編集部
2021/04/23

新電力大手のイーレックスは4月22日、2021年度中に水素を燃料とし、CO2を排出しない火力発電所の商業運転を国内で初めて稼働させると発表した。約100世帯分の電力に相当する300kW級の水素発電所を山梨県内に建設する。

水素価格を5分の1まで低減

イーレックスは水素製造を手がけるハイドロゲンテクノロジー社と提携し、水素のみを燃料とした発電および燃料電池自動車(FCV)への水素供給などを目指す。

燃料となる水素は、ハイドロゲンテクノロジー社が開発した岩石由来の触媒と水を反応させると、常温・低圧下で電気を使わずに取り出すことができるという。安全で安価に水素を製造できるとし、両社は現在、173.5/円Nm3と高価な水素を5分の1以下となる30円/Nm3まで低減させるとしている。

まずは300kW級と小規模ながら、水素だけを燃やしCO2を排出しない火力発電所を建設、2021年度内に稼働させる予定だ。イーレックスによれば、水素専焼発電所の商業化は日本初の取り組みだという。

さらに大型発電所の開発にも着手しているとし、水素供給量やさらなるコストダウンの検証を推進し、FCVへの水素供給への参入も目指していく。

イーレックスは独立系大手新電力の一角で、バイオマス発電所を中心とした再生可能エネルギーの発電事業から、電力小売りまでを手がけており、販売電力量は2,410GWhを超えている。2021年3月期決算では、売上高が前期比8.2%増となる958億円を見込むなど、業績は拡大中だ。

同社は水素発電所の大型化やFCV供給事業の拡大などを通じて、将来的には水素価格を10〜20円/Nm3まで低減させる目標を掲げている。