テスラ「スーパーチャージャー」を他社EVに開放 イーロン・マスク氏が言及 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)

テスラ「スーパーチャージャー」を他社EVに開放 イーロン・マスク氏が言及

テスラ「スーパーチャージャー」を他社EVに開放 イーロン・マスク氏が言及

テスラのイーロン・マスク氏は、7月26日に実施した2021年第2四半期の決算発表で、自社の充電インフラ網「スーパーチャージャー」について、2021年後半にもスマホアプリなどを通じて他社のEV(電気自動車)に開放することを明らかにした。

イーロン・マスク氏によるツイートをきっかけに、「テスラはスーパーチャージャーを他車EVにも開放するのではないか」との観測が高まるなか、7月26日の決算発表に出席した投資家から「スーパーチャージャーネットワークを開放するのか」という質問が出ていた。この問いに対し、マスク氏は「2021年後半にも他社EVに開放する」と言及した。

マスク氏は、「EVオーナーは、テスラアプリをダウンロードし、どの機器を使うのか知らせるだけでスーパーチャージャーを使うことができる」と述べ、「基本的にどこのメーカーのEVでも使えるはずだ」と語った。さらに「欧州、中国、その他ほとんどの地域ではすべてのEVで同じコネクタが使用されているため、スーパーチャージャーをオープンアクセスにすることはかなり簡単なことである」とも述べた。

しかし実際には、テスラ以外のEVが充電するには、専用のアダプターの購入が必要になる模様だ。マスク氏は「北米のEVで機能させるにはアダプターが必要になり、人々はこのアダプターを購入することができる」と語っている。

もうひとつ、マスク氏はテスラ以外のEVへの充電料金の設定にも言及している。

「スーパーチャージャーの最大の制約は時間」だと指摘し、スーパーチャージャーが混雑する時間帯などは料金があがるダイナミックプライシングを導入することにより、混雑リスクを軽減する方針を示した。

他社EVへの充電インフラ開放に関して、すでにSNS上では、「テスラアプリのダウンロードから他社EVユーザーを取り込む戦略ではないか」「テスラオーナーが充電料金を優遇されれば、他社EVから乗り換えが進む」といった声があがっている。

また日本に関して、「充電規格の違いなどから日本では開放されないのではないか」という意見が出るなど、日本における動向も注目が高まっている。

*EnergyShiftの「テスラ」関連記事はこちら

EnergyShift編集部
EnergyShift編集部

EnergyShift編集部