ソフトバンク、次世代電池の研究開発や早期実用化に向けて「ソフトバンク次世代電池Lab.」を設立 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

ソフトバンク、次世代電池の研究開発や早期実用化に向けて「ソフトバンク次世代電池Lab.」を設立

ソフトバンク、次世代電池の研究開発や早期実用化に向けて「ソフトバンク次世代電池Lab.」を設立

EnergyShift編集部
2021/03/15

ソフトバンクは2021年3月15日、質量エネルギー密度(Wh/kg)が高く軽量で安全な次世代電池の研究開発および早期実用化の推進に向けて、世界中のさまざまな次世代電池の評価・検証を行う施設「ソフトバンク次世代電池Lab.(ラボ)」を、2021年6月に設立すると発表した。

ソフトバンクは、質量エネルギー密度が高く軽量で安全な次世代電池について、IoT機器などの既存のデバイスやHAPS(High Altitude Platform Station、成層圏通信プラットフォーム)をはじめとする次世代通信システムなどへの導入を見据え、研究開発を推進している。また、SDGs(持続可能な開発目標)の観点からも、高性能な電池が必要不可欠だとする。

次世代電池の開発については、世界のさまざまな電池メーカーが技術検証を実施しているが、メーカーごとに技術評価環境・検証基準が異なり、同一環境下での性能差の分析・技術課題の特定が難しいという課題があった。

ソフトバンクは、これらの課題を解決し、次世代電池の早期実現のため、今年6月「ソフトバンク次世代電池Lab.」を設立する。

今後、「ソフトバンク次世代電池Lab.」において、世界中のメーカーのセルを同一環境下で評価・比較することで、性能差の分析・技術課題の早期特定を実現する方針だ。また、「ソフトバンク次世代電池Lab.」で得られた検証結果について、各メーカーへフィードバックを行うことで、次世代電池の開発加速を目指す。

さらに、「ソフトバンク次世代電池Lab.」では、共同研究先と開発した要素技術の検証も行う予定だ。検証により得られたノウハウを参画メーカーと共有することで、次世代電池開発のベースアップに貢献する考えだ。

すでに世界中の電池メーカー15社の次世代電池の検証を予定しており、今後さらに開発パートナーを拡大していくという。これらの活動を通して、「ソフトバンク次世代電池Lab.」は、次世代電池の開発促進を支援するプラットフォームになることを目指していく。

「ソフトバンク次世代電池Lab.」は、環境試験器の世界トップメーカーであり、安全性・環境評価に優れた設備・ノウハウがあるエスペック株式会社の「バッテリー安全認証センター」内に設立される。

充放電設備の増強、モジュール・電池パックの大型評価設備の導入や、安全性試験・低温低気圧など、地上から上空までの特殊な環境試験でエスペックと連携していくことを検討しているという。

プレスリリース:「ソフトバンク次世代電池Lab.」を設立 2021.3.15

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録