エールフランス-KLM、エアバスなどが脱炭素燃料で長距離フライト | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

エールフランス-KLM、エアバスなどが脱炭素燃料で長距離フライト

エールフランス-KLM、エアバスなどが脱炭素燃料で長距離フライト

2021年5月18日、フランスの航空会社のエールフランス-KLM、石油メジャーのTotal、空港運営会社のADPグループ、航空機メーカーのエアバスの4社が協力し、フランスで生産された持続可能な航空燃料(SAF)による長距離フライトを同日に実施したことを発表した。

この日、SAFによってフライトしたのは、パリからカナダのモントリオールに向かったエールフランス342便。使用されたバイオ燃料は、南フランスの工場で、使用済みの食用油から製造されたものだ。SAFの使用にあたっては、燃料の貯蔵、流通インフラ、航空機とそのエンジンなどに変更は必要ないという。

また、今回のフライトは、フランスの空港での使用の一般化の前提条件である、航空輸送を脱炭素化し、フランスでSAFサプライチェーンを開発する4つのグループの共通の野心の具体的な結果だということだ。

フランス初の産業用SAF生産を開発およびサポートすることにより、エールフランス-KLM、Total、ADPグループ、およびエアバスは、フランスがエネルギーと環境の移行におけるイノベーションを推進する道を開くものになるという。フランスの法律では、欧州グリーンディールの一環として、2022年までにフランス発のすべてのフライトに少なくとも1%のSAFを使用することを航空機に求めている。これはさらに2025年までに2%、2030年までに5%まで上昇する予定。こうした需要に対応するため、Totalは2024年から、パリ近郊の製油所でもSAFを生産する。また、パリ―モントリオール間をSAF16%の燃料にすれば、CO2排出量は20トン削減されるという。

今回のフライトはまた、航空の環境フットプリントを縮小するためのさまざまな相乗効果、すなわち、持続可能な航空燃料、最新世代の航空機、および地上運用の電化にも取り組んだものとなっている。飛行に使用されたエアバスA350は、従来よりも燃費が25%少ないものとなっている。さらに、この航空機は、フランスで開発された最初の100%純電気燃料補給トラックによって整備され、エールフランスが使用したすべての地上支援装置もすべて電動車両だった。

エールフランス-KLMは、持続可能な航空燃料のテストを先駆的に行ってきた。KLMは2009年に最初のSAFを動力源とするフライトを行っている。また、2014年から2016年の間に、Totalの関連会社と協力して、10%のSAFブレンドを搭載したエールフランスの78便を運航した。これらのテストは、SAFの使用が航空会社の運航の信頼性に影響を与えなかったことを示しているという。エールフランス-KLMは、次世代の航空機の研究に貢献する一方で、今後数年間でSAFにおけるリーダーシップを強化する予定だという。

一方エアバスは、今後数十年で100%SAFによりフライトする旅客機を認定するためにいくつかの一連のテストを実施している。また、SAF給油所を産業施設に設置しており、生産作業や航空機の配送に使用できる。これらの設備は、すべての産業活動を脱炭素化するというエアバスのねらいにそったものだ。

今回のフライトについて、エールフランス-KLMのCEOであるBenjamin Smith氏は「持続可能な航空燃料は、乗客1人あたりのCO2排出量を削減するための中期的な主要な手段を構成します。これはカーボンニュートラルな空港での設備・車両の運用とともに、私たちの戦略の中心です。フランスは現在、持続可能な燃料の生産と使用のリーダーとしての地位を確立する機会があります。パートナーとともにこれに貢献するために可能な限りのことを行います。関係するすべての関係者のために経済的に実行可能なフランスの航空バイオ燃料セクターの出現を支援することは、国とグループの戦略的優先事項です」と語る。

Totalの会長兼CEOであるPatrick Pouyanné氏は「バイオ燃料の開発は、運輸業界を脱炭素化するためのTotalの広範なエネルギー戦略の一部です。昨年3月にフランスの施設で持続可能な航空燃料の生産を開始した後、今後10年間の航空業界からの高まる需要に備えて、産業施設の適応を続けています。航空業界のお客様が使用するエネルギー製品をカーボンニュートラルにすることで、2050年までに社会とともにネットゼロを達成するという野心を実現するために積極的に取り組んでいます」と語る。

ADPグループの会長兼CEOであるAugustinde Romanet氏は「パリ、シャルル・ド・ゴール空港からのこの初飛行は、新しい持続可能な航空燃料を航空機に統合することで航空輸送を脱炭素化するという私たちの野心の象徴です。ヨーロッパの航空輸送ロードマップは、 2050年までに純排出量はゼロになり、空港運営者として、このエネルギー移行をサポートし、運用プロセスとインフラストラクチャの変革の道に遅滞なく着手することに熱心です」と語る。

また、エアバスのCEOであるGuillaume Faury氏は「持続可能な燃料は、航空セクターの脱炭素化という目標を達成するための主要な手段であり、エアバスは、商用便での開発と使用に貢献するすべてのイニシアチブをサポートしています。これらの持続可能な燃料のシェアを増やすには、すべての利害関係者による協調的な行動が必要です。これらの燃料は、変更や運用上の影響を与えることなく、今日、航空機の最大50%で使用できるため、環境フットプリントを削減できます」と語る。

EnergyShift編集部
EnergyShift編集部

EnergyShift編集部

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事


デジタルグリッド様
メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録