7月の電気料金、全国で値上がり 東電エリアで60円増 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

7月の電気料金、全国で値上がり 東電エリアで60円増

7月の電気料金、全国で値上がり 東電エリアで60円増

東京電力や関西電力など、大手電力会社10社は5月28日、原油やLNG(液化天然ガス)、石炭など燃料費の高騰などにより、7月の電気料金が値上がりすると発表した。今年に入り、電気料金の値上がり傾向が続いている。

大手電力会社10社は、原油やLNG、石炭などの燃料価格を料金に反映する制度、燃料費調整制度に基づいた7月分の料金を発表した。燃料価格の高騰によって、10社すべてが値上げをする。

東京電力エリアでは、平均的な一般家庭の7月の電気料金は6,973円となり、6月に比べ60円増加する。最も電気料金が上がるのは沖縄電力で、7月の電気料金は7,468円で164円の増加となる。

平均的な一般家庭の値上げ幅は次の通り。

沖縄電力164円増

九州電力33円増

中国電力88円増

四国電力93円増

関西電力21円増

北陸電力81円増

中部電力18円増

東京電力60円増

東北電力60円増

北海道電力122円増

EnergyShift編集部
EnergyShift編集部

EnergyShift編集部

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


最新ニュースの最新記事


デジタルグリッド様
メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録