アラブ首長国連邦(UAE)の再エネ企業、マスダール(Masder)が、アメリカの再エネ事業に投資 1.6GWの規模 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

アラブ首長国連邦(UAE)の再エネ企業、マスダール(Masder)が、アメリカの再エネ事業に投資 1.6GWの規模

アラブ首長国連邦(UAE)の再エネ企業、マスダール(Masder)が、アメリカの再エネ事業に投資 1.6GWの規模

EnergyShift編集部
2020/08/21

2020年8月13日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビに拠点を置く再生可能エネルギー開発企業のマスダール(Masder)は、アメリカの再生可能エネルギー事業への戦略的投資を行うことを発表した。同社にとっては、アメリカへの2番目の戦略的投資となるという。

8件合計1.6GWの再生可能エネルギー

2020年8月13日、Masderは、アメリカの電力会社EDF Renewables North Americaとの間で、8件合計1.6GWの再生可能エネルギー事業に関する株式の50%を取得することを発表した。

事業が行われる地点は、カリフォルニア州、ネブラスカ州、テキサス州にわたっており、風力発電、太陽光発電、蓄電池のプロジェクトが含まれる。

風力発電はネブラスカ州とテキサス州の計3ヶ所、815MWのプロジェクトとなる。いずれも現在建設中で、2020年第4四半期には運転を開始する予定。

また、太陽光発電はカリフォルニア州の計5ヶ所、システム容量で689MWに75MWのリチウムイオン蓄電池を併設したプロジェクト。うち4ヶ所については、同じく2020年第4四半期に運転を開始する。残り1ヶ所も2021年に運転開始の予定だ。

太陽光発電はいずれも水平短軸追跡技術を採用しており、設備利用率を高めたものとなっている。発電した電力は、電力会社をはじめ、電力アグリゲーターなどに向けて、長期契約に基づいて販売される予定。

Masderによると、今回のプロジェクトを通じて、約2,000名の雇用の創出と、年間300万トンのCO2削減になるという。

MasderのCEOであるMohamed Jameel Al Ramahi氏は米国について、設置済み再生可能エネルギー発電の容量の点で、世界第二位とした上で、「再生可能エネルギーポートフォリオのさらなる成長と多様化の大きな余地がある。この画期的な取引を通じて、EDF再生可能エネルギーとのグローバルパートナーシップをさらに強化することで、プレゼンスを拡大できることをうれしく思う」と述べている。
なお、北米での最初の案件は、2019年1月に発表された、米国テキサス州とニューメキシコ州のそれぞれ149MW、29.9MWの風力発電である。

再生可能エネルギーで存在感を強める中東マネー

Masderは、Mubadala Investmentの子会社として2006年に設立された再生可能エネルギーの開発・運営を行う企業で、持続可能な未来都市Masder Cityの運営も行っている。UAEをはじめ、先進国・途上国を含め、およそ30ヶ国に拠点を持ち、太陽光発電と風力発電を合わせ、およそ45億ドルの投資を行っており、関わっている案件の発電容量は5GWに達するという。

今回のEDFとのコラボレーションの背景には、すでにMasderとEDFとの間で中東および北アフリカでコラボレーションしてきた経験がある。

気候変動問題の深刻化にともなって、中東産油国は経済の石油依存脱却を進めているが、Masderはそうした動きを象徴する企業のひとつだといえる。また、近年石油生産を増加させてきた米国において、中東の企業が再生可能エネルギーに投資し、その存在感を強めているという点も、エネルギーの脱炭素を象徴する一面だといえよう。

(Text:本橋恵一)

参照

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


エネルギーの最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録