Copperleaf CMOが語る、エネルギー資産・インフラ投資におけるアセット・マネジメントとは 〜エネルギーインフラを守る資産管理の概観 | EnergyShift編集部

エネルギーと気候変動を本気で考える

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

Copperleaf CMOが語る、エネルギー資産・インフラ投資におけるアセット・マネジメントとは 〜エネルギーインフラを守る資産管理の概観

Copperleaf CMOが語る、エネルギー資産・インフラ投資におけるアセット・マネジメントとは 〜エネルギーインフラを守る資産管理の概観

ブックマーク
ブックマーク

道路や橋梁、ダム、鉄道などのインフラストラクチャを、安全に安心して使っていくためには、資産としての適切な管理、すなわち資産管理=アセットマネジメントが求められる。エネルギーインフラも例外ではなく、発電所や送電設備はその対象となる。再生可能エネルギーについても、主力電源化する中では、資産管理は不可欠になってくる。 エネルギーにおける資産管理とはどのようなものなのか、インフラ資産管理のソリューションカンパニー、CopperleafのCMO(マーケティング最高責任者)Boudewijn Neijens氏が海外事例をまじえて解説する。

80年代に起きた、資産管理の大きな変化

人類は最初の道具の発明以来、資産を常に管理してきました。それ以降、使われる資産の管理の手法は、管理される資産の複雑さ、および資産によって実行される機能の重要性に合わせて進化してきたといえます。

しかしながら、重大な障害を主な原因として、資産の管理の手法に大きな変化が起こったのは、1980年代だけでした。

英国では、石油プラットフォームと鉄道システムでいくつかの大きな事故が発生しました。この一連の事故が、資産の管理手法に関する新しい考え方を引き起こしました。一方、オーストラリアとニュージーランドの当局は、インフラストラクチャの多くについて、コスト、信頼性、サービスのレベルに対する不満が高まり、新しい資産管理=モデルの開発に挑戦しました。

その後の20年間で、資産管理は急速に進化し、独自の基準を持つ確立された分野になりました。

なぜ資産管理をしなければならないのか?

英国、オーストラリア、ニュージーランドでの失敗した経験によって、資産集約型組織のコスト、パフォーマンス、およびリスクのバランスをとるためには、管理システムが必要であることが分かりました。

ほとんどのインフラストラクチャにおいて、資産のライフサイクルは非常に長く、その結果、多くの場合、資産を設計、構築、運用するエンジニアやオペレーターが担当する期間よりも長くなります。これはインフラストラクチャにとって独特な課題であり、例えば一世代のエンジニアやマネージャーが行った決定が、退職した後も資産の運用に影響を与える可能性があります。したがって、資産のライフサイクル全体を念頭に置いた上で、コスト、パフォーマンス、およびリスクを決定することが重要となります。

水道、電気、ガス、輸送などの重要なサービスを提供するために、多くのインフラストラクチャとしての資産が使われています。これらのサービスを提供する会社は、独占的である場合が多く、公共の利益を保護するために政府によって規制されています。

英国とオーストラリアの規制当局は、優れた資産管理がすべての利害関係者にとってより良い価値をもたらす一方で、最低限レベルのサービス、許容可能なリスクとコストなどの制約を重要視しなければならない事を理解しています。そのため、これらの国の規制当局は、より良い資産管理手法の大きな提案者になりました。このことは、特定の産業や国が、現代の資産管理において早期に主導できるようになった理由でもあります。

そもそも資産管理とはどういうものか

資産管理の一般的な定義は非常に単純です。資産(Assets)から価値を実現するための組織的な活動です。 この「組織的な」という言葉は非常に重要です。なぜなら、資産管理は部門間を超えて機能する必要があるからです。つまり、組織内の多くの部門やチームがすべて連携して組織的なシステムに貢献する必要があるということです。

このことは、資産のライフサイクルを考えたときに当てはまります。たとえば、設計チームは、資産の運用要件と保守要件を理解して考慮する必要があります。同じことはサポート部門にも当てはまります。計画、財務、保守、運用、および購買チームはすべて、組織的に行動し、資産を最低コスト、最高のパフォーマンスで、許容可能なリスクで運用できるようにする必要があります。
これを達成する最も簡単で最も効果的な方法は、組織が安全管理システムや品質管理システムを持つのと同様に、正式な管理システムを導入することです。目標は、サイロを分解し、組織内の全員が全体の目標を理解し、協力してこれらの目標を可能な限り効率的かつ効果的に達成できるようにすることです。

「価値」という言葉も重要です。価値というのは経済的である必要はありません。多くの組織は、経済的な結果以上のものを提供する必要があります。たとえば、ユーティリティは、新しい顧客が送電網に接続する際の迅速さに基づいて、評価される場合もあります。輸送機関は、定刻どおりの運行で評価される場合があります。ほとんどの組織にとって、価値の概念は、外部および内部のさまざまな利害関係者、およびこれらの利害関係者が何に関心を持っているかを十分に理解する必要があります。この知識は価値の枠組みに取り込まれ、組織の意思決定を推進します。

管理システムは通常、ポリシーや戦略計画などのいくつかの主要なドキュメントに変換されます。資産管理ポリシーは資産管理のコンテキストで、組織内の誰もが従わなければならない一般的なルールと原則を概説しています。戦略的資産管理計画は、組織が資産管理を通じて達成したいことに関するガイダンスと方向性を提供します。

資産管理システムには多くのモデルがあり、そのほとんどはISO 55001*1で概説されている一般原則に準拠します(次回の記事でこの標準をさらに詳しく説明します)。最も人気のあるモデルはInstitute of Asset Management(IAM)*2からのものです。

このモデルは、資産管理システムの主要コンポーネントの概要を示しており、以下6つの主要な項目をカバーしています。

戦略と計画(Strategy and Planning):組織が運用するコンテキストを設定し、資産管理戦略(会社全体の戦略と整合)、資産管理におけるさまざまな役割、および長期計画(戦略的資産管理計画など)を定義します。これらの要素は、短期的に資産を管理するために必要な、より詳細な計画のガイダンスと方向性として機能します。

資産管理の意思決定(Asset Management Decision-Making):意思決定に関するフレームワークとポリシーを定義し、組織内のすべてのレベルで常に最適な意思決定が行われるようにします。このフレームワークは、より戦術的な資産管理計画を作成し、年間予算を決定するために適用されます。

ライフサイクルデリバリー(Lifecycle Delivery):リソース管理、信頼性エンジニアリングなどを含む、ライフサイクル全体での、資産管理の実用的で日常的な側面をカバーします。これにより、保守性、運用、廃棄が設計および構築フェーズの早い段階で考慮され、組織が継続的な改善に取り組むことが保証されます。

資産情報(Asset Information):適切なデータを収集する必要性を強調します。これは情報に変換され、最終的にはすべての決定とアクションを導く知識となります。資産情報を管理するための適切なITシステムの必要性も示しています。目標は、情報のすべての要素に対してひとつの「真の情報源」を持つことです。

組織と人々(Organisation and People):多くの組織にとって、資産管理は新しい考え方と変化の必要性をもたらします。これには、強力なリーダーシップ、権限のフレームワーク、および企業文化の調整が必要です。特に、すべての人が共通の目標に向けて貢献することは困難な場合があります。これにより、「視線」または調整の概念が導入され、全体的な資産管理の目的と戦略が、会社での個人的な役割と貢献にとって何を意味するかが誰でも理解できるようになります。

リスクとレビュー(Risk and Reviews):多くの組織にとって最も困難な変更のひとつは、リスクに対する許容度を定義、理解、採用する必要があることです。各組織は、安全性、環境、評判などのリスクを特定し、そのようなリスクに対する許容度を設定する必要があります。これは、利害関係者と協議して行う必要があり、合理的で正当化可能な意思決定を推進します。組織はまた、特定のリスクに備えるための緊急時対応計画を作成し、リスクを長期にわたって監視する必要があります。

これらの6つの項目は相互に結びつき、すべての制約を守りながら、組織が資産から可能な限り多くの価値を引き出すための、十分な機能をもつ管理システムを形成します。

  • *1 ISO 55000:2014 – Asset Management – Overview, principles and terminology.
  • *2 Institute of Asset Management – an anatomy, Version 3. Published by The Institute of Asset Management, 2015.

資産管理の利点

私たちのほとんどは直感的に、優れた管理システムが会社にとって有益であることについて賛同すると思います。 IAMとISOによって識別される資産管理の一般的な利点は次のとおりです。

  • 財務パフォーマンスの向上
  • 情報に基づいた資産投資の決定
  • 管理されたリスク
  • サービスと結果の向上
  • 社会的責任の実証
  • コンプライアンスの実証
  • 評判の向上
  • 組織の持続可能性の向上
  • 効率と効果の向上

資産管理の長期的な性質により、このようなメリットの定量化は困難です。一部のメリットは実現するのに何年もかかる可能性がありますが、会社に大きな影響を与えます。それでも、優れた資産管理が投資に大きな利益をもたらしたという具体的なケースが増えています。

電力部門の例には次のものがあります。

  • 水力発電所の運営会社であるブラジルのAESTiêteは、計画外シャットダウンの75%削減、リスク管理の向上による保険コストの14%削減、および年間200万ドルを超えるコスト削減を報告しています。
  • コロンビアの送電事業者ISAは、保守と信頼性のコストを40%削減し、ネットワーク障害を10%削減し、エネルギーを80%削減すると報告しています。これにより、ISAの資産管理の最初の5年間で4,000万ドルの利益が得られました。
  • オランダの電力会社はいずれも早い段階で資産管理を採用しており、印象的な結果を総合的に達成しています。安全性が75%向上し、コスト削減により、システムの高い信頼性を維持しながら、株主の全体的な収益性を変えることなく、顧客の支払う料金を大幅に下げることができました。

資産管理は、世界中の電力会社にとって戦略的に重要に

資産管理は、世界中の電力会社にとって戦略的に重要になってきています。上記の例は、資産管理がコスト、リスク、パフォーマンスのより良いバランスを通じてもたらすことができる重要な利点を示しています。このシリーズの次の記事では、ISO 55001と意思決定について詳しく説明したいと思います。

Boudewijn Neijens
Boudewijn Neijens

2010年にマーケティングとビジネス開発の副社長としてCopperleafに入社し、現在は、マーケティング最高責任者。また、アセットマネジメント機構カナダ支部の議長、また国際標準化機構ISO及び大規模電気システム国際会議CIGREにおいてアセットマネジメントワーキンググループ議長も併任。 これまで、ヨーロッパ、中東、アフリカでグラフィックアートの巨人Creoのビジネス開発を主導し、その後、世界中のCreoのすべてのマーケティング活動を主導してきた、国際的なビジネス開発において幅広い経験を持つ。最近では、Aquatic Informaticsでマーケティング、国際ビジネス、製品管理を担当。ブリュッセル大学で機械工学の学士を持ち、フランスのINSEADでMBA、また CMRP, CRL and CAMA 認証を取得。 熱心な船員であり、BCでボランティアの捜索救急船の艦隊を管理しているため、リスクベースの意思決定と資産管理を直接適用することができる。

エネルギー記事一覧

注目のキーワードを見る

原稿募集
Navi

新しい記事

無料会員登録

アクセスランキング

週別

月別