モータージャーナリスト、大田中秀一が、Honda eにややロングに乗ってみた。「開発秘話を含めて、とってもホンダ!」 | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)

モータージャーナリスト、大田中秀一が、Honda eにややロングに乗ってみた。「開発秘話を含めて、とってもホンダ!」

モータージャーナリスト、大田中秀一が、Honda eにややロングに乗ってみた。「開発秘話を含めて、とってもホンダ!」

2021/10/09

前々回のテスラ・モデル3、前回のアウディe-tronに続いて、第3回は国産EV(電気自動車)の登場である。Honda eは、コンパクトなEVである。それゆえに、小回りのきく走りにも、注目してみたい。モータージャーナリストである大田中秀一氏が、あくまで自動車としてのEVにこだわってみた試乗レポートをお届けする。今回は、カーシェアリングのサービスについても、こだわってみたい。

シリーズ:EVにややロングに乗ってみた

Honda e、カーシェアの利用料金は3時間で2,400円

クルマ好きの私、不肖オオタナカが予備知識を持たずにEVに乗ったら、クルマとしてどんな印象を持つのか? EVに興味がない身として何を感じたのか?

こんなスタンスでEVに乗ってみた印象を感じたままに綴るシリーズを何台かお届けいたします。

あくまでも“旧来のクルマ好き”という観点を土台にしていることを予めお断りいたします。

3台目はHonda eという495万円のモデルです。ボディーカラーのプレミアムクリスタルレッドメタリックは、ディーラーはオプションで6万500円です。EveryGoというホンダが運営するカーシェアで借りました。利用料金は3時間で2,400円でした。

走行ルートは、3ケタ国道→アップダウンが急な片側2車線の山越え県道→街中と狭い住宅地→片側2車線の直線が長い有料道路→3桁国道。2回の急速充電とちょっとした撮影時間込みでちょうど3時間でした。

EveryGoで初めてカーシェアを試す

EveryGoでは、入会しておけばWEBやアプリで簡単予約、24時間いつでもHonda車を借りられます。入会金や月額基本料金はなし。利用料金は15分あたり200円+走行1キロにつき17円が基本。Honda eの場合距離加算はありません。ステーションによって用意されている車種も異なりますので詳しくはウェブサイトを参照してください。

実は私カーシェアは初めてだったのでちょうどいいカーシェア体験にもなりました。

流れはこんな感じです。

① 会員登録

②予約

予約内容とその時点での充電状態がアプリで確認できます。

③リコンファーム(予約再確認)

乗る前に充電状態を確認しておくようにとのことだったので確認すると25%以下でした。

④借り出し

運転免許証情報を予め登録しているのでリアウインドウのセンサーにタッチすれば解錠されます。

クルマに乗り込みダッシュボード内のキーを“借出”にセットすれば手続き完了です。

ちなみに免許証タッチは2021年9月16日(木)0時以降スマートフォンにインストールされたアプリで操作する方法に変更され廃止になりました。

⑤返却

元の場所に駐車し“返却”にセットすれば手続き完了。

誰に会うわけでもないので実に気軽、気楽でした。

バッテリー残量を気にしながら

走り出す前にまず充電。

システムオン時点でバッテリー残量29%、航続可能距離46キロと表示されています。この日の予定試乗ルートは56キロなので足りません。あとで足そうかとも思いましたが走り出す前の予習やナビのセット作業をしながらまずここで充電することにしました。

ちょっとごそごそしている間に残量が28%、航続可能距離が44キロに減ってしまいました。1ミリも動いてないのに!

車内に用意されている充電カードを充電器にタッチし、ケーブルを挿しスタートボタンを押します。モニターには充電時間や充電量が表示されています。

10分ほど充電したら残量が41%、航続可能距離が63キロになったのでこれで往復できます。

マルチビューカメラシステムは最も自然でした。これまでに見たミラーレスサイドミラーの中ではこのサイドカメラミラーシステムが最も自然に感じたことが走り出す前のトピックです。そこにミラーがあるはずという場所にモニターがあり、角度もミラーっぽいことと、マルチインフォメーションディスプレイ、ワイドスクリーンHonda CONNECTディスプレイと一直線になっていることよって際立つ存在感がないためだと推察します。

国道ではしばらく渋滞していたので音声コマンドをいろいろ試してみましたが、「OK Honda!」以降の意思がなかなか伝わりません。話すスピードやアクセントを変えてみたり発声練習のような話し方にしてみたりしましたが確率が低い。予めインプットされていない言葉を使っていたのかもしれませんが、だんだんイライラしてきて大声にもなるし、挙げ句は「アホかー!」って言ったりして。外から見ていた人がいたら長い渋滞にキレそうになっている人に見えたかもしれません。

走りの方はいたって軽快。これまでに乗ったEVの中で最小なので気分的にも軽快で楽しく走れる。

山越え県道に入ってからは後輪駆動ならではの後ろから押される感覚もあり楽しいこと!ノリノリで頂上まで走りました。

そう、このクルマは後軸にモーターがある後輪駆動なのです。後ろにモーターがあり後輪を駆動するのでエンジン車風に言うとRR車と呼ばれる方式です。

旧来のクルマ好きは「やっぱりFR(フロントエンジン・リアドライブ)じゃないと!」とよく言います。FRじゃなければスポーツカーにあらずというくらい後輪駆動が好きです。このHonda eもそれと同じ感覚なのでどこか楽しい。

ちなみにテスラ・モデル3とアウディe-tronは4WD(4輪駆動)です。

あ、残量が!!

頂上の信号待ちでメーターを見てギョッとしました。

残量24%、航続可能距離が32キロになっていたからです。残量41%、航続可能距離63キロで出発し、山の手前では33%だったのに。ここまで18キロ走っただけでこんなになるなんて。山登り5キロでかなり消費してしまったようです。

この地点から往路の目的地まで行き、戻るルートの距離は34キロなので足りません。山下りではできるだけ電力を消費しないような運転を心がけました。

路地裏で真価を発揮するHonda e

ぜひ試そうと思っていたのが狭い住宅地や路地裏です。クルマ1台分の幅しかない道、行き止まりで戻る、前の道路が狭い上に車庫が斜めになっているため出し入れが困難な場所、など。

予想以上に小回りが利き、こんなところでと思う場所でも転回できます。4.3メートルの最小回転半径と短いオーバーハング(フロントタイヤとバンパー端までの長さ)の効用ですね。ボディサイズが近いフィットが4.9メートルなのでその差0.6メートルですが、このような局面ではこの差はとても大きいようです。ちょっと広めのマンションのエントランスなら転回もできるし。

これだけでもHonda eを選ぶ理由になり得ます。

たまらず補充電

さて、高速道路以外は試し終わりあとは返しに戻るだけです。

この時点で航続可能距離は21キロ。対して帰着点までは24キロ。3キロ足りません。残量はこの時点までの消費量などを元に算出されるため、この先の有料道路と国道の長い直線具合と勾配を考えると足りるかもしれません。EVのリアルを探るためにもそのまま行ってしまおうかと思いました。

しかし万が一この勝負に敗れた場合は、キャリアカーを呼ばねばならないなどダメージが大きくなるので、無謀なことをせずに近くのコンビニで補充電することにしました。あ、充電場所検索している間にまた1%減った!(ヒーターをオンにしたままでした)

返却時刻のこともあり充電している時間はほぼないので約5分のショートストップで充電しました。一昔前のF-1の残り数周での給油のためのショートピットストップみたいです。

残量18%、航続可能距離32キロで出発。

有料道路での走りは、後から押される感覚を改めて楽しみました。高速巡航は何やらふわふわと落ち着かない感じで、もうちょっと安定感が欲しいと思います。でもこのクルマのキャラと使い方を考えれば、人に言えない速度で走り続けることもないし、バッテリー残量を気にするつもりでゆったりと走れば特に問題ないでしょう。

ちなみに、回生という点では後輪駆動が弱点になります。減速やブレーキング時の荷重移動を想像してもらえればわかるかと思いますが、荷重が抜ける側の後輪より荷重がかかる前輪で回生する方がより強い回生力を得られるからです。

帰着時点で残量10%、航続可能距離18キロでした。キーを“返却”の位置に合わせて終わり。

単純なメーター読みで24キロ走って消費した電力が14キロ分なのでやはり補充電しなくても戻ってこられたことになりますが、あくまでも結果的になのでそんなリスクテイクはできません。復路は電力消費が大きいヒーターをオフにしたことも多少は貢献したかもしれません。

ところで、充電している時間もシェア時間にカウントされることにもやもやします。

満タン借り出し満タン返しでないカーシェアは借り出す時点での燃料(電力)残量がバラバラです。従って、残量と予定走行距離によってかなりの時間を充電に取られる可能性もあります。充電ステーションが使用中の場合にはさらにロスタイムが発生します。ここがガソリン車と違う点なのでもやもやします。

フィットの場合と比較計算してみました。Honda eには1キロあたり17円の距離料金が必要ないので58キロ走った今回の場合だとフィット比で986円安かったことになります。この金額はシェア代75分に相当するので、充電していた時間を引いてもまだお釣りがくる計算です。

EveryGoを利用する場合、フィットよりHonda eの方が安いということでもやもやは解消されました。ちなみに充電費用もガソリン代もシェア料金に含まれています。実はこれ、あとから知りました。

開発秘話も込みでとてもホンダっぽくていい

モーターショーでデビューしたときからホンダらしくていいなと思っていました。欲しいと思ったクルマがたまたまEVだったというのが理想的なEVの姿だとその時思った記憶があります。アウディe-tronに乗ったときも今回もまた同じことを思いました。

Honda eは走らせても後輪駆動の楽しさが充分味わえるし、路地での小回り性もいいので日本の普段使いに最も適したクルマです。かわいいし。

ベースグレードでも451万円という日常からはほど遠い価格がとても残念ですが、考えようによっては輸入車を買える人なら普通の価格ですし、ほぼ遠出をしないなら実用上特に問題ないので選択肢に入るはずです。複数台持てる人なら1台をこれにしてもいいし。

高い高い高すぎると言われていますが、そう考えるとそれほどでもないでしょう。

クルマとしてはシビックあるいはシティが令和スタイルで復活したと言ってもいいと思います。

先日開催されたオートモーティブ関係の展示会のセミナーで開発担当者の講演を聴く機会があったのですが、そこで語られた開発秘話がまたホンダっぽくておもしろかった。世界的中小企業だったのに近年は優良企業化してしまい、野望なく安定志向のサラリーマンが増えたと嘆く年長者が多いと聞いていたのですが、挑戦的なエンジニアがまだまだいそうな気がしました。機会があればいつかどこかで紹介したいと思います。

15分200円で乗れるのでまずは乗ってみてはいかがでしょうか。これだと令和のシビックやシティと言える気軽さですね。借りられるステーションがまだまだ少ないのが難点ではありますが。

(取材・写真・文:大田中秀一)

大田中秀一
大田中秀一

乗りもの、特にクルマ好きで、見ること、乗ること、買うこと、しゃべることすべてが好き。特に運転が好き。ハンドルを見るととにかく運転したくなる。世界各国のディーラーを中心に試乗台数したクルマはのべ1,000台を超える。5年間のレース参戦経験を活かし、レーシングスクールインストラクター(見習い)も時々務める。大型二種免許も所持していて、運転技術や安全運転に関しての研究も行なう。モビリティに関わることすべてを興味のままに取材、自動車専門誌並びにweb、経済ニュースサイトなどに寄稿している。世界のマイナーモーターショーウォッチャー、アセアン・ジャパニーズ・モータージャーナリスト・アソシエーション会長、インドネシアにも拠点がある無意識アセアンウォッチャー。実は電池の世界もちょっとだけ知っている。