たいようでんち :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり | EnergyShift

日本へGX(グリーントランスフォーメーション)

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

たいようでんち :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

たいようでんち :毎日更新!日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

毎度おなじみ、カーボンニュートラルしばりのしりとりです。日本一わかりやすく解説もいたします。

昨日は「スマートメーター」だったので、今日は「た」です。

たいようでんち

ついにきたって感じです。脱炭素用語どまんなか。太陽電池。

太陽光発電の仕組み、また、パネルの発電するねっこの部分を指していいます。アメリカで、1954年に発明されました。

しかし、太陽光発電、太陽光パネル、太陽電池、いろんな言い方がありますよね。いっしょじゃねーの、と思っていた若いころもありましたが、まあややこしい。

太陽光発電は、太陽光を使って発電することそのもの。太陽光パネルは、部材の名称。太陽電池は太陽光を電気に換える一番小さい構成要素(素子といいます)だと理解していれば大丈夫です。太陽電池がいっぱい集まると、太陽光パネルですね。

太陽電池はいろいろな種類があります。今ではシリコン製のものが多いですが、まだまだ開発途中の新しいものもあります。

電池という名前がややこしいもとですが、英語だとPhotovoltaicsといいます。Photo-voltaicsなので、光-電流なので、まだわかりやすい。

電池というのは、電気を貯める機能こそないものの、+と−の電極があることから来ているのかもしれません。

脱炭素用語ってややこしいもの、いっぱいあります。またやわらかくほぐして、少しづつ紹介していきますね。ご贔屓に。

明日は「ち」でお会いしましょう。もう明日は木曜日だ!

これまでのしりとり

しりとり

りにゅーあぶるえなじー

じぞくかのうせい

いーろんますく

くらいめいと

とくべつこうあつ

つんどら

らるでれろ

ろはす

すいそ

そーらーしぇありんぐ

ぐりーんにゅーでぃーる

るりかけす

すまーとめーたー

たいようでんち

脱炭素関連用語しりとり
脱炭素関連用語しりとり

カーボンニュートラル、脱炭素関連の用語を、日本一わかりやすく、しかもしりとりで、毎日紹介していきます。

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


脱炭素用語集の最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録