1943年創業の英老舗電力会社SSEは、新電力OVO Energyに買収されて変わったか | EnergyShift

日本へGX(グリーントランスフォーメーション)

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

1943年創業の英老舗電力会社SSEは、新電力OVO Energyに買収されて変わったか

1943年創業の英老舗電力会社SSEは、新電力OVO Energyに買収されて変わったか

2021/02/15

シリーズ "イケてる"英国の電力会社 その6

ちょうど今から1年前、英国で80年近い歴史を誇る老舗電力会社SSEの家庭向け小売部門が、新電力のOVO Energyに買収された。とはいえ、ブランドとしてはSSE Energy Servicesとして、再エネ100%のOVO Energyと差別化をはかっている。業界に激震が走ったこのニュースから1年、SSEはどう変わったのか?イケてる電力会社になったのか? 国内、世界でのプレゼンスをどう維持し、高めていくのかについて注目したい。

「ビッグ6」数少ない英国資本の1社が新電力に買収された

70年以上にわたり英国の電力を支えてきた、1943年創業のSSE (旧Scottish and Southern Energy)。スコットランド・パースに本社を置くSSEのルーツは、North of Scotland Hydro-Electric Board(北部スコットランド水力発電公社)とイングランド南部で配電事業を行っていたSouthern Electricity Boardの2つの公営公社だ。電力自由化前から存在する大手電力会社「ビッグ6」のうち、英国資本は2社。1社は先日紹介したCentrica(British Gas)で、もう1社がこのSSEだ。

長い歴史をもつSSEにとって、2020年は大きな転換点となった。というのも、新電力OVO Energyへの、家庭向け小売事業SSE Energy Servicesの売却が完了したからだ。これにより、OVO Energyは500万軒の顧客を新たに獲得し、シェア2位に急浮上。SSE Energy Servicesの8,000人の従業員もOVO Energyに異動した(詳細は『OVO Energy 大手電力を買収し、英シェア2位に。名実ともに新時代の幕開け』をご参照いただきたい)。


OVO Eneregy創業者のStephen Fitzpatrick氏

とはいえ、最古参の電力会社のブランド力はそう簡単に落ちるものではない。ビートルズやクィーンのライブが行われた、ウェンブリー・アリーナをご存知だろうか。SSEは、このウェンブリー・アリーナのネーミングライツを有している。ロックの聖地は今、「SSEアリーナ・ウェンブリー」として親しまれている。また、スコットランド最大のエンターテインメント会場SSE Hydroのスポンサーでもある。

そして、OVO Groupの一員となった、元SSEの家庭向け小売事業は、SSE Energy Servicesとして、SSEのブランド力を活用した事業展開を行っている、ということだ。それは、OVO Energyとどのように差別化されているのだろうか。

SSEのサービス料金メニューは? 次のページへ

山下幸恵
山下幸恵

九州大学文学部卒。九州電力グループ会社にて大型変圧器・住宅電化機器の販売に従事。新電力ベンチャーにおいて、ディマンドリスポンスやエネルギーソリューションの提案を行う。自治体および大手商社と地域新電力の立ち上げを主管。福岡市にて、気候変動や地球温暖化、省エネについての市民向けセミナーを実施。2019年よりエネルギーライターとして活躍中。

シェアする


エナシフTV

アクセスランキング

日別

週別

月別

EnergyShift NAVIより

再エネ100%電力プランを徹底比較!
環境破壊がもたらす様々な影響私たちができる環
cop21とは?パリ協定の参加国や目標
2020年、日本におけるエネルギー問題
esg投資とはなぜ重要視されている?

もっと見る

新しい記事

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録