るりかけす :日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり | EnergyShift

脱炭素を面白く

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

るりかけす :日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

るりかけす :日本一わかりやすい脱炭素用語集しりとり

毎度おなじみ、カーボンニュートラルや脱炭素の関連用語を、なぜか、しりとりで紹介していくコーナーです。月曜日、いくぜ。

昨日の日曜日は「ぐりーんにゅーでぃーる」。きょうは「」です。

るりかけす

ルリカケス、鳥の名前です。みたことありますか? わたしはありません。瑠璃色の美しい羽を持つ鳥です。

奄美大島近辺だけに生息する、とても珍しい鳥です。もちろん、古くは多くいたのでしょうが、美しい羽を目当てに乱獲されたり、巣になる林が伐採されたり、林道の建設があったり、外来の捕食生物(マングースとか)によって、個体がすごく少なくなりました。

1921年には国の天然記念物に、1993年には国内希少野生動植物種にそれぞれ指定されていました。環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧種(絶滅危惧II類)に指定されていました。

しかし、なんとなんと、森林が少しずつ回復してきたこともあって、数が徐々に増えてきたようなので、2006年のレッドリストから除外され、さらに念入りに調査されて、2008年には国内希少野生動植物種からはずされました。

復活してきたのです。

しかし、その個体数はたった1,000匹(2008年調査)。つがい数も推定700つがいくらいといわれています。

たった1,000羽。1,000羽ですよ。

それでも着実に復活してきている。

なんだか、環境問題から少しずつ復活している、けれどまだまだ非常にか細い、自然の象徴のような気がしませんか。

今日の話しのオチはありません。ルリカケス、いつかそっとみてみたいと思っています。

明日は「す」です。火曜日の明日は「す」でお会いしましょう。

これまでのしりとり

しりとり

りにゅーあぶるえなじー

じぞくかのうせい

いーろんますく

くらいめいと

とくべつこうあつ

つんどら

らるでれろ

ろはす

すいそ

そーらーしぇありんぐ

ぐりーんにゅーでぃーる

るりかけす

 

脱炭素関連用語しりとり
脱炭素関連用語しりとり

カーボンニュートラル、脱炭素関連の用語を、日本一わかりやすく、しかもしりとりで、毎日紹介していきます。

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


脱炭素用語集の最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録