IEA-COP26で、世界中のエネルギーと気候のリーダーがクリーンエネルギーを約束 | EnergyShift

日本へGX(グリーントランスフォーメーション)

EnergyShift(エナジーシフト)EnergyShift(エナジーシフト)

IEA-COP26で、世界中のエネルギーと気候のリーダーがクリーンエネルギーを約束

IEA-COP26で、世界中のエネルギーと気候のリーダーがクリーンエネルギーを約束

EnergyShift編集部
2021/04/01

国際エネルギー機関(IEA)は、2021年3月31日、40ヶ国以上からエネルギーと気候変動問題のリーダーが参加するIEA-COP26ネットゼロサミットを開催。世界の温室効果ガス排出量を削減し、パリ協定の目標を達成するために協力する方法を特定した。

2021年3月31日、IEA事務局長のFatih Birol氏とCOP26(気候変動枠組条約第26回締約国会議)の議長であるAlok Sharma氏の共催による、ネットゼロサミットがオンラインで開催され、オーストラリア、ブラジル、中国、コロンビア、欧州連合、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、南アフリカ、イギリス、その他多数の国の参加で開催された。サミットでは、市民社会グループ、民間企業、政府機関の幅広い分野からの参加者も議論に参加した。

サミットは、11月にグラスゴーで開催されるCOP26への道の重要なマイルストーンであり、世界のGDP、人口、排出量の80%以上をカバーする国の代表者が集まったことになる。主な参加者には、中国のエネルギー大臣である張建華氏、欧州委員会副委員長のFrans Timmermans氏、インドの電力・新・再生可能エネルギー大臣のRaj Kumar Singh氏、米国気候変動問題担当大統領特使のJohn Kerry氏。アフリカ連合インフラストラクチャおよびエネルギー委員のAmani Abou-Zeid氏、世界貿易機関事務局長Ngozi Okonjo-Iweala氏らが含まれている。

Alok Sharma氏は「今こそ、世界が10年にわたる気候変動の審議から10年にわたる実現へと移行する時だ。英国は、各国がネットゼロを達成するためのIEAの7つの原則を支持することを強く推奨する。本日のサミットは、政府、市民社会、企業が各排出セクターで協力してこれを実現し、1.5℃の目標を達成できるようにする意欲を明確に示した。これは負担の負担と見なされるべきではなく、機会の共有と見なされるべきである。協力することで、進歩を加速し、雇用と繁栄を生み出し、未来の世代のために地球を守ることができる」と語った。

Fatih Birol氏は、「私たちのネットゼロサミットは、世界の大多数が気候危機の重大さと、世界の排出量をネットゼロに向けて軌道に乗せるための早急な行動の緊急性に同意していることを明らかにした。しかし、それはまた、経済のすべての主要セクターにわたってクリーンテクノロジーの迅速なグローバル展開を推進するためのより大きな国際協力の必要性を強調した。これを単独で行うことのできる国はない。クリーンエネルギーへの移行を迅速に実現したいのであれば、世界の主要経済国はより効果的かつ緊密に連携する必要がある。サミットの主要原則は何が起こる必要があるかを示しており、私は、ネットゼロへの移行を加速する国際協力メカニズムを強化するための英国COP26議長国の努力に対するIEAの全面的な支援を提供する」と述べた。

多くのIEA加盟国政府は、今回のサミットでIEAが提示したネット・ゼロ・コミットメントの実施に向けた「7つの主要原則」を支持した。この原則は、Covid-19危機からの持続可能な回復の必要性、現在の10年間における実施可能な排出削減ロードマップの重要性、世界経済の各主要排出セクターにおけるイノベーションと展開を促進するための国際的な調整のためのより強力なメカニズムの開発など、本質的な分野をカバーしている。また、この原則は、技術協力、ベストプラクティスの共有、投資の追跡、人々を中心とした移行の確保、エネルギーセキュリティとアフォーダビリティのネットゼロ計画への統合などの問題にも言及している。

より強力な政府の行動を支援するために、IEAは2021年5月18日に、世界のエネルギー部門が2050年までに正味ゼロ排出量に到達するための最初の包括的なロードマップを公開する予定だ。政府、企業、投資家、市民から、1.5℃の温度上昇に沿った経路に世界の排出量を投入する必要がある。ロードマップは、意思決定者がグラスゴーに至るまでの緊急行動に優先順位を付けるのに役立つものになる。

また、この日は、COP26議長のAlok Sharma氏と英国外務大臣のDominic Raab氏が主催する「気候と開発に関する閣僚会議」も開催され、気候変動の影響に対して最も脆弱な国に焦点を当て、11月に開催されるCOP26に向けた国際的なアジェンダ設定を支援した。このグローバルな会合では、各国とパートナーが一堂に会し、気候変動の影響への対応、財政余力と債務、気候変動資金などの主要課題について、コンセンサスと実践的な解決策を構築した。

Energy and climate leaders from around the world pledge clean energy action at the IEA-COP26 Net Zero Summit

この記事を読んだ方がよく読んでいる記事


気候変動の最新記事


メールマガジン

アクセスランキング

日別

週別

月別

新着記事

最近のコメント

コメントがありません

お知らせ
エナシフTVとは
無料会員登録